最終段階です。

今日は「年の流れ」について。年間ずっとポジションを保持するというものではなく、

この手法は『大きな値動きを獲る』ためのものです。

時間軸を問わない普遍的なフィボナッチ手法、デイトレードや1分足のトレード、

週、月のスイングトレード手法と教えてきて、ついに「年の流れ」まで来ました。

これで、あらゆる期間に対応するトレード手法をお伝え出来た事になります。

 

大きな値幅を獲るためには、この手法を知っておくと良いでしょう。

lesson37

lesson37年の流れ

今回のテーマは次の5つ。

  • 年間の目標値を利用した売買を組み立て大きな値動きを獲る。
  • 多角的な視点を養う。
  • 損切り貧乏とコツコツドカンを解消するには?
  • 戻りを買うか、ブレイクを買うか?
  • 勝ち負けを決めるのは手法ではない。

これから順番に解説していきますが、3分お時間があれば次の動画で確認して頂く事も出来ます。最新動画「年の流れ」をアップロードしました!

デモ動画はこちら|本編『勝ち方実践編~裏~LESSON37;年の流れ』45:11


年間の目標値とは何か?

日経平均日足

日経平均日足

これがそうです。

お盆前の日経平均の下落。

例えば、これが分かる方法が二つあります。

一つ目は、お盆前だから(笑)。経験によるもの

恒例の、ドル円でもお馴染みのパターンです。

もう一つは、年間の目標値を意識しているか?です。

20045を越えるかどうかが重要だと、言い続けてきましたが意識されていましたか?それが年の目標値の一つです。

越えれば続伸する。越えられないなら、下落する。

雇用統計で上げた後、週の終値で20045を越えられませんでしたよね。

だから下落しました。年の目標値の一つである19304へ。

多角的な視点を養う。

NYダウ4時間足

NYダウ4時間足

ではこの時。多角的な視点で見ていたならどうでしょうか。

日経平均が大きく下落した8月9日の前日である8月8日の夜、NYダウは既に下落に転じていました。

問題はその事に気が付いていたかどうか、です。

その週の流れが下落に転じた瞬間がありました。

翌日8月10日の下落においても、日経平均と同時にNYダウが下落し、重要だと話し続けてきた21974を下ブレイクしています。

あなたがもし、この事に気が付いていたのであれば

「日経平均の下落は何の不思議もない値動き」であるとご理解頂けるでしょう。

 

この様な事が、ドル円やユーロドルといった為替の値動きにも言えます。

例えば、ドル円やユーロドルではどの市場をチェックしておくべきでしょうか。

もしも二つずつ挙げるとしたら、どこでしょう。

 

また多角的な視点とは、他市場の値動きの事だけではもちろんありません。

日足、4時間足だけではなく、週足、月足も見ておく必要があります。

その日の目標はどこで、流れは上か下か。週は?月は?もう一度考えてみましょう。

損切り貧乏とコツコツドカンを解消するには?

損切り貧乏とコツコツドカン。よく聞くフレーズですが

どういう売買を繰り返すとそうなるのでしょうか。

どういう売買スタイルで、どのような資金バランスなのか?

 

ここにヒントがあります。

2つの事を意識し、改善すれば

損切り貧乏とコツコツドカンを解消する事が出来ます。

戻りを買うか、ブレイクを買うか?

どこでエントリーされていますか?

ブレイクでしょうか、押し目でしょうか。それとも…

一番簡単なのは、あるシーンでのエントリーです。

 

どのタイミングでのエントリーを心掛けるかによって、

勝率は丸っきり変わってきます。

一番簡単なエントリータイミングについてお伝えします。

 

そして、最後に次の事をお伝えしておきます。

どこでエントリーしようとも、必ず心掛けるべき事があります。

勝ち負けを決めるのは手法ではない。

一つ一つの売買の勝利を決めるのは手法です。

しかしながら、あなたが今後勝ち続けられるかどうかの決め手は

まるで違うところにある。

この事を、どうしてもお伝えしたいと思いました。

値動きや手法がどうであろうと、結局はプラスになるかマイナスになるかです。

トレード結果をプラスにするかマイナスにするかを決めている最も重要な事は何か?

 

そのポイントをしっかりと理解し、改善するつもりがあれば

損切り貧乏はただのプラスのトレードへと変わり、

コツコツドカンはコツコツと利益を上げている、というトレードになります。

 

そんな事までお伝えする最高傑作の動画が出来ました。 🙂

LESSON37なので、LESSON1からあります(笑)。これで

動画教材の時間数は44時間を越え、動画数が65個に。

 

そんなメイン動画に加え、他のシリーズ

リアルトレードシリーズ7動画や展望64動画、特別LESSON3動画など。

全てを合わせての時間数はもはや不明ですが(笑)動画数は139動画となりました

 

勝ち方実戦編フリーパスプランのメンバーは500人限定募集で

半分以上が埋まったとはいえ、まだ空きがあります。

ただし、9月からは1LESSON分値上げとなりますのでお早めに。

メンバー様はいつも通り最新動画をご覧下さい。お盆休みにお楽しみ頂ければ幸いです。

そして、リアルトレードシリーズからも最新動画のお知らせです。

雇用統計とドル円

アップロード済み。『リアルトレード第7弾~雇用統計とドル円~』24:13

毎月の雇用統計でどうトレードすれば、上げ下げを当てる事が出来る
ようになるのか?

それをお得意のドル円で説明しています。

 

ここまで完璧に当てる必要もないですが、少なくとも

方向を外すとか、大きな損失を追う事は無くなるはず。

そのために作成した動画で、これはフリーパスプラン限定の動画です。

メイン動画のみであれば、個別レンタルも可能ですが勝ち方実戦編は

フリーパスプランがオススメ。お値打ち、かつ、特典動画が付きます。

当ホームページ、またはDL-marketで販売しています。

ホームページでは数個のみ。3日に一つのみ販売可能です。

DL-marketでは会員専用一般販売があります。

 

※普遍的なフィボナッチ手法などを学んで頂くと会員価格で手に入ります。

フィボナッチ大事典ギャン大事典値動きのルールから学んでみて下さい。

ホームページに在庫がある場合は、最初からフリーパスプランにご参加頂いても

問題ありません。

それではまた。