週と年間の目標値が存在する!?

こんにちは。スリースタータードットジェーピーの大野です。

今日はですね、新しい動画のご紹介です。

 

一日の値動きの中には基準と目標値が存在し、その通りに動く事はお伝えしました。

実は週や、年間の値動きにも同じような理屈が成り立つのです。

※一日の値動きはこちらの記事をご参考にして下さい。(「非常にシンプルなロジック」)

 

次の動画の中でお話しています。

動画LESSON33「実戦~理想と現実の差を埋める~」1時間8分13秒

トレード手法は、自分で使えるようにならなければ学んでも何の意味もないのです。

なぜ、30時間以上も動画の講座を勝ち方実戦編でお届けしてきたか?

それは、実戦のためです。

リアルの相場で使える話のみを”しつこく”お届けしてきました。

 

この動画はその極め付けですね。(笑)

  1. 今まで使ってきた最も使える手法9つ。
  2. 今検証中の恐ろしい手法2つ。(これが週や年の目標値)

 

使える手法9つは、「今まで教えたあらゆる手法のまとめ」です。

沢山のトレード教材を皆様にお渡ししてきましたが、その中で最も使える9つの手法

それを、実戦で使いこなすためのコツです。

 

そして、タイトルにある

今検証中の2つの手法は、「週と年の目標値を算出出来る手法」です。

  1. もし、一年の高値と安値を予め理解して翌年を迎えられるとしたら?
  2. もし、来週どこまで伸びるのかを週末に知っていたとしたら・・・。

何が出来るでしょうか。

 

ちなみに一日の目標値は、2016年に

相当高い精度で見抜く方法を皆様へお伝えしました。(※「非常にシンプルなロジック」)

一日の動きは分かったとして(笑)、週ではどうでしょうか。

eurusdh1-mokuhyou

ユーロドル一時間足。このように週の目標値が決まっている。クリックしてご覧下さい。

週も、かなり高い精度で最高値最安値を当てる事が出来る。

しかしこれはまだ、検証中です。だから「おまけレッスン」としての扱いです(笑)。

年の高値安値も同じくこの段階でお伝えしておきますが、
週と年に関しては来年以降、さらに検証を深めて改めてお届け出来れば、と考えています。

 

デイトレード手法では基準と目標値があり、基準から目標値まで買います。

さて、週の天底。どう使いこなそうかと悩み中です。これはデイトレード手法からの進化で、”ある閃き”から発見したものです。

これにより、一日の値動きに限定せず、より大きな値動きをデイトレード手法で追う事が出来ます

eurgbpm1-tukimokuhyou

例えば。ユーロポンドの月足。クリックしてご覧下さい。

年の目標値も同じように出来まして、高値と安値を算出可能です。

こちらは期間が大きすぎて精度は下がってしまいますね。

ただ、これも使いよう。デイトレード手法と同じく、「目標まで到達しようとする動きを追う」のがベストでしょう。

 

以上、神秘的な話でした。

LESSON33の最後、「おまけレッスン③」でご覧になれます。

 

しかし今はそれよりも、9つの最も使える手法をマスターして頂きたいですね。

この9つをマスターすれば、怖いものはないでしょう。

フィボナッチ5つ、ギャン1つ、時間1つ、ラインの手法2つ。内容は秘密にしておきましょう。(笑)

 

今まで4年間教えて来て、その総まとめです。やはりこの動画、かなり役立つというメッセージも会員様から頂きました。

様々な教材でお伝えした中でも、一番使える、と思うのはこの9つでした。

 

決して難しいものではありません。

ライントレードを完全に使いこなして頂けるはずです。そのためのコツをお届けします。

それが、LESSON33「実戦~理想と現実の差を埋める~」ですから。

 

あなた自身が使いこなせなければ、トレード手法を学んでも意味はない。

 

目新しいものが必要なわけではありません。今までに既に、十分画期的なライントレード手法をお伝えしてあります。

後は、相場で自信を持って使いこなして頂くだけです。ですので、教えた手法の中で使いやすく機能するものを

一つの動画にまとめてお届けします。実戦のコツです。

 

最新動画LESSON33「実戦」は、勝ち方実戦編へ12月3日にアップロード済みです。
【勝ち方実戦編-フリーパスプラン-(一般販売)】

来年の見通しは立ちましたか?

「年間展望2017」年始にお届け予定です。

さて、来年はどういう値動きになるのでしょうか。

既にお考え済みですか?

 

そして、その前哨戦として「月間展望12月号」をお届けしました。

gekkan-tenbou2016-12ドル円、ユーロドル、ポンドドル、ドルスイス、NYダウ、ドルインデックスについて

来年以降の今後の展望を前もって、今分かっている部分だけですがお話しました。

「年間展望2017」、「月間展望12月号」も勝ち方実戦編フリーパスプランの動画です。

※メンバーサイトからご覧になれます。

gbpusdh4

gbpusdh4 週の目標値についてはLESSON33「実戦」をご覧下さい。

ちなみに、11月27日に撮影した動画が月間展望12月号ですが

ポンドドルが買いのチャンスという事をお話しています。そして、

すでにその通りになっています。なかなかいい上げでしょ?(笑)

直近の一番のオススメはこれでしたが、

来年を見越したそれぞれの市場の分析をお楽しみ頂けるでしょう。

P.S.ドル円117,118辺りが月足レベルの抵抗線なのでその辺を考えているという話もしましたが

12月でやはり行きましたね。(笑)いつもいつも値動きがセオリー通りなのは、相場が理屈通りに動いている証拠でしょう。

100円付近から下へ行く事は、「0.500のセオリーからしていずれ下落を確定させたようなものだが、すぐに行くのはおかしい。時間を掛ける必要があるので、

持ち合いまたは戻るはず。」とそもそも夏ごろの月間展望でお話している通りです。年末までに戻るだろう、という話はいつしたのかな。

ドル円月足

ドル円月足