item-720
  • New
  • Hot
  • Sale

値動きのルール2

(item-720)
表示価格より10% OFF
再ダウンロード有効期間(日数)無期限
ファイル名market-rule2-v2.pdf
公開日2020/10/20
バージョンバージョン2(更新;2021/2/11)
制作3starter.jp
¥23,221(税込)
  • 商品詳細

値動きのルール2 -the market rule2- 税抜23221円/税込21110円

動画「値動きのルール2」

  • (本編)『値動きのルール2前編』…43分13秒
  • (本編)『値動きのルール2後編』…1時間1分39秒
  • (テキスト)『値動きのルール2解説』11ページ(内8ページが解説)

全く新しい、フィボナッチリトレースメントの手法が誕生しました!

この話については概要の動画を観て頂くのが一番早いでしょう。

”トレードの基本・移動平均線の重要な部分と足りない部分・誤解されやすいフィボナッチの可能性(フィボナッチはただの押し目買いツールではない!”

最新版のフィボナッチの使い方はこれ。

元々、スリースタータードットジェーピーでフィボナッチを教え始めたのは多くのトレーダーにフィボナッチが正しく理解されていない、という現状があったからです。フィボナッチの正しい使い方を理解すれば、その通りに値が動いているわけですから動いた後で気が付いて飛びつき買いをしてしまう事も無くなります。

「どうして上昇するのか、タイミングはいつか、どこまで行くのか?」という点がよく見えるようになるというわけですが・・・。
フィボナッチの通りに動いているならそうですよね。しかし本当にそうなのでしょうか。

値動きにはルールがある?

ドル円日足 画像例えば、これがドル円の日足です。『値動きにはルールがある』というのは、2つの意味があります。

1.どこまで行くのか?

2.どこまで戻るのか?

この2つのポイントが分かっていると、利食い位置が分かりドテン買い(折り返す相場で買いに転じる事)が出来るようになります。実際に私はこの底値で買いました(2021年初め)。

ユーロドル日足 画像ユーロドルの日足です。この時もまた天井から簡単に売れました。

この理屈を簡単にご説明します。

フィボナッチリトレースメントを設定する時に、「ある値位置まで行き、ある値位置までは到達せず、そしてある値位置までは戻る可能性が高い」というルールがあります。これが新発見の値動きのルール(値動きのルール2)です。

※値動きのルールとは、「値がどう動くか」というルールであり、自分自身の売買ルールの事ではありませんのでご注意下さい。売買ルールではなく、値が動く理屈です。

値動きのルールとの違い

前回の値動きのルール1は、天底で買うための押し目の値位置と天底からの目標値でした。→値動きのルール1はこちら

今回の値動きのルール2ではトレンド途中から買う、というのが基本的な使い方です。しかし、目標値が以前より正確になったというメリットもあります。そのために、「目標値達成!で逆張りが成功しやすい=結局天底も取れてしまう事が多い」という副次的効果もあります。

値動きのルール1は「天底で買っておこう!」というものでしたが、値が進む内に目標値が変わる事があります。その時、値動きのルール2があれば変更された目標値も分かります。※天底から買うための基本的な手法が以前の値動きのルールです。

 

この手法を一言で言えば、「トレンド途中から役に立つ手法」です。

反落する危険性が高い値位置が分かるので「目標値への到達後は見送りする(または逆張りする)、目標値へ未達であれば買い増し」という売買が可能になります。

特に、次のような悩みをお持ちの方にお試し頂きたい手法です。

  • どこまで買っていれば良いか分からない(利食いポイントが分からない)
  • 天底で逆張りしたい(値動きのルール1を使えば、より天底に近い値位置での売買が可能)
  • トレンドに乗りたい(移動平均線ではいつも上手く乗れない)

この手法は短期長期問わず、押し目買い・トレンドフォローを行うためのフィボナッチリトレースメントとフィボナッチチャネルの最新版の使い方

シンプルですが、値動き自体が”これ”なので(笑)、一度覚えてしまえば、この理論に沿って延々と値が進み続ける事に驚かれるでしょう。

 

基本的にこの目標値”には”到達しようとする、というのが相場の面白いところです。「最低限ここまでは到達するという目標値と、よく行けば到達する目標値、到達しない目標値」の3つがあり、それらによって利食いすべきエリアが生まれます。

※ここが理論のかなめです。そして、トレンド継続と終了を教えてくれるフィボナッチチャネルを使用する事で方向転換を把握出来ます。 ※「ここまでは到達する」という目標値は今までになかったはずです。到達するかも?ではなく、ここまで到達する可能性が極めて高い。そのような目標値が実は毎回あったとしたら?

注意点

  • より大きな時間軸の目標値が最終的な大目標になります。細かな時間軸の目標値は大きな時間軸で見たらノイズのような値動きに過ぎません。
  • 短期長期問わず使用出来ますが、どの高値安値から目標を算出するかが重要です。最終的に大きな値動きに飲み込まれるという意識を持っておいて下さい。
  • 資金管理についてもご説明しました。しかし、この教材は完全にトレードルール化されてはいませんので、ある程度の裁量は必要です。トレードルール化されたものは『極意書 ストラテジーズ』という教材です。併せてご覧下さい。
  • 「値動きのルール」というのは値が高確率で動くパターンという意味です。また、必ずしも毎回このルール通りに動くというお約束は出来ません。
  • 最低限、天底を見つけられなければこの手法は使えませんので、ダウ理論を理解されていない場合はご遠慮下さい。天底判断の基準やコツは動画内でご説明しました。
  • 特別なインジケーターは必要なく、下記チャートシステム備え付けのツールの設定値を変えれば使用出来ます

値動きのルール2 教材内容

値動きのルール2

  • 動画教材;
    『値動きのルール2前編』…43分13秒
    『値動きのルール2後編』…1時間1分39秒
  • テキスト教材;『値動きのルール2解説』11ページ(内8ページが解説)
  • 使用するツール;フィボナッチチャネル、フィボナッチリトレースメント
  • 対象;初心者~上級者
  • チャートシステム;MT4、FT4、tradingview
  • 市場;FX、CFD(為替相場・株価指数で検証済みです)

2部構成の動画シリーズです。是非お役立て下さい。

フィボナッチリトレースメントで正確に目標値を算出するためには、特殊な設定値が欠かせませんまた、フィボナッチチャネルは使うチャートシステムによって設定値が異なりますので注意が必要です。

この動画の後編では「MT4(メタトレーダー4)・FT4(フォレックステスター4)・tradingview」という3つのチャートの数値設定・検証方法についてご説明しました。現在使用される事が多いチャートシステム3つです。

項目

  1. トレードの基本(移動平均線とフィボナッチの特性の違い)
  2. フィボナッチリトレースメントの最新の使い方
  3. 天底の見極め方・目標値を算出する方法
  4. フィボナッチチャネルの最新の使い方
  5. MT4・FT4・tradingviewでのチャート設定の方法
  6. 実際の値動きで習得する(2つの検証方法と実証)
  7. 月足レベルでの目標値と今後のドル円想定

関連作品

  • この動画は「勝ち方実戦編フリーパスプラン」にもアップロードされています。※新規で販売される動画は全て勝ち方実戦編にも含まれます。
  • 前作はこちら「値動きのルール」。前作とは考え方は似ていますが、引き方使い方目標値などの全てが異なります。両方を同時に利用出来ます。
  • 極意書 ストラテジーズ」第10章の長期売買戦略を短期トレードに応用したのが今回の教材です。基本の考え方や使い方・トレードルールはこの本で学べます。

値動きのルール2では、値が動く理屈や目標値などを学ぶ事が出来ます。但し、資金管理と購入枚数や検証データに基づいたトレードルールは含まれません。ご自身の裁量で(自分で判断して)売買出来る方のご利用を想定して作成されています。ご購入前にこの点を再度ご確認お願い致します。

※PDFから動画URLへアクセス可能です。動画はパソコンだけでなく、スマートフォンやタブレットからでもご視聴頂けます。

ポイント進呈キャンペーン実施中!

現在、ご購入で5%ポイント進呈キャンペーン中!
他商品に1ポイント1円として使用出来ます。※新規入会で500ポイント進呈中!入会ポイントは即座にご使用可能です。
※税込価格にポイントを付与出来るようになりました!

値動きのルール2 -the market rule2- 税抜23221円/税込21110円

トップへ戻る


解説動画

FT4(検証ソフト)で過去の値動きをトレードしてみました!