フィボナッチ

フィボナッチとは?

フィボナッチ

レオナルド・フィボナッチ。数学者です。

しかしトレードにおいて、フィボナッチとは
フィボナッチ数列を応用して作成されたトレードツールの事を言います。

また、フィボナッチと言えば主に「フィボナッチリトレースメント」の事を意味します。

フィボナッチのツールとしてはもちろん他にも沢山あり、「フィボナッチチャネル」「フィボナッチファン」「フィボナッチエクスパンション」「フィボナッチアーク」「フィボナッチタイムゾーン」などについて引き方や、トレード手法を教えて来ました。

ただ、単純に「フィボナッチ」とだけ言えば「リトレースメント」というのが共通認識です。

リトレースメントの比率

フィボナッチトレーディングの、最初の段階で設定すべき数値は次のようになります。

0

0.236

0.382

0.500

0.618

0.764

1

1.272

1.618

2.618

4.236

です。

もちろんまだありますが、基本的なものはこの通り。

あくまでも最初の段階で使う設定値です。次第に普通のトレーダーが知らないような数値に変わって行くはず(笑)。

※久しぶりにこのページを見て書き直しているのですが、私も『昔こんな事を言っていたんだなあ』と意外に思っています。

0.764か0.876か論争

チャート上で、0.786となっている場合は「0.764」に修正して下さい。1-0.236=0.764であり、逆から引いても同じ数値であるべきだと私は考えます。※ちなみに、0.786というのは0.618の平方根なので使うというトレーダーもいます。

値動きは上にも下にも行きます。下落だけ0.236で上昇は0.786というのは理に適っているとは言い切れないからです。例えば、FXでは相手国から見たら単純に上下が逆になります。ドル円(USDJPY)を見ていたとして、米国のトレーダーがJPYUSDを売ってくる値段が0.236なら、どうしましょう。

黄金律論争

また、よくあるフィボナッチの説明で『1+1=2 1+2=3 2+3=5 3+5=8 5+8=13・・・』うんたらかんたらで割合が1.618や0.618になる。というような解説があったり(まだこれは数値の発見の意味では良いですが)

花びらの大きさが黄金律で、モナリザが黄金律で、なんか神秘的だから(笑)

チャートもその値位置に収まる。

というような解説があったりします。

ただ、言わせて頂くとどうでも良いです。

トレードにおいて大事なのは「反応する割合」だけだからです。どのトレーダーも、黄金律だから買っているわけじゃないんですよ?

値動きがフィボナッチの割合戻って、反発するのがいつもの事だから、それを利用して利益を上げようとする。そのトレーダーの数が多ければ反発する。

ただそれだけが真実です。

フィボナッチを使ったトレード手法

割合に基づいてその「戻り」を狙うのが基本的な戦略になります。

戻りというのは、上昇していたら↑ その後下落する事↓。戻りの割合がフィボナッチになる事が多いので、
指値を置いておくか成り行きで買う事ももちろん出来ます。

フィボナッチで指値をしておこう!

フィボナッチの良いところは割合=値位置なので、指値でも買える事です。

どうせある割合戻ったら買う、のであれば指値で十分ですよね?わざわざ時間を使って見ている必要もありません。

例えば、「1」→「0.618」の値位置へ戻る。

これを3割戻しと言います。

覚えておきましょう。

0円から1000円へ上昇したなら、618円です。(1000*0.618=618)

その値位置が自動的に算出されてチャート上へ表示されますので、
戻りが入るであろう3割戻しに買いの指値を置いておくのです。

3割戻しだけではないが

ただし3割戻しでいつも跳ねるわけではありません。当然お分かりだと思いますが(笑)。

ここから先は簡単な基本教材では教えている話になってしまいそうなので、伏せておきます。

3ステップで分かる!簡単フィボナッチトレード

※これは普通ですが

1.ダウ理論と合わせる

まず、覚えておかなければならないのは「フィボナッチとダウ理論はセット」だという事。

ダウ理論の中の有名な『トレンドは明確な転換シグナルが発生するまで継続する』というもの。ここからトレードの世界では「高値が切り上げ続け、安値が切り上げ続ける限り、上昇トレンドは継続している」という認識が出来ました。

このセオリーで行く限り、注目しているのは「高値と安値」です。平均値ではありません。

高値安値が切り上がり続けるなら買う、というのであれば
移動平均線が下向きだろうと切り上がっていれば買いだという事なります。

高値安値のジグザグとフィボナッチは相性が良く、ダウ理論とフィボナッチだけを知っていればトレードは出来ます。なぜならトレンドはダウが教えてくれて、買い場はフィボナッチが提供してくれるからです。

2.3割戻しで買ってみるとしたら?

では先ほど学んだ3割戻し(0.618で跳ねる事)を検証してみましょう。

ダウ理論と合わせて考える、という事なので次のようになります。

安値と高値が切り上がっていれば買い → 3割戻ったら買う!

ダウ理論とフィボナッチ3割戻し

最初はまだ底値圏なので買えません。二つ目の枠では高値安値が切り上がっているので、3割戻しで買えます。

※計測したら丁度0.618でした

3.目標値で利食いする

3割戻し成功

買ったら、目標値で順番に利食いするのが得策です。設定値は文章の冒頭に書いてあります。

簡単にフィボナッチでトレードをするなら、この3段階です。

  1. ダウ理論と一緒に考える
  2. 押し目買いのタイミングを待つ or 3割戻しなどに買い指値を置いておく
  3. 買ったら目標値で利食いする

 

繰り返しになりますが、3割戻しでいつも跳ねるわけではありません。色々ある中の一つの買い場です。

ほとんどの値動きは
何らかのフィボナッチまたはギャン(ギャンを使った投資法はこちら)の値位置で天底を作ります。

もしも天底を取りたい!と思われる場合は特に、フィボナッチを研究されると良いでしょう。

目立った高値安値があれば、「この底はどうしてこの値段なんですか?」と聞いてくれたらお答え出来ます。もちろん、その手法を教えてある会員様であればですが。

天底はいつもフィボナッチで説明がつきます。

フィボナッチの代表的作品はフィボナッチ大事典です。

フィボナッチ大事典フィボナッチの引き方で、今まで話していない事を全部出したい、という想いから作成した教材がこれです。

大事典はフィボナッチチャネル、フィボナッチエクスパンション、フィボナッチタイムゾーン、アーク、ファン、リトレースメント(リトレースメントは幾つも使い方がある)の使い方引き方を余すところなく伝える。

そんな教材になりました。

フィボナッチリトレースメントでもその他の引き方2・3種類からエリアトレード手法ライン際の攻め方など多数の内容が入っています。大事典というだけあって内容は多く、4時間半以上です。



現在のキャンペーン

Winter Sale2021開催中 対象商品が10%オフ!2021/11/17-2022/1/5

キャンペーン詳細へ →お勧め商品へ
☆入会ポイント500円分+5%分のポイントも進呈中☆

投資の基礎はタダで学べメール講座」好評受付中!
≪1か月間の基礎・応用・勝ち方講座無料≫

ライントレーダーズ通信」もご一緒にどうぞ。
«相場分析記事・コラム・マインドセット講座同時配信中»