値動きのルール

item-622
item-622
item-622
item-622

値動きのルール

item-622

自分のルールを相場に当てはめようとしていませんか。

それは値動きのルールですか?

再ダウンロード有効期間(日数) 無期限
ファイル名 the_market-rule.pdf
公開日 2014/03/10
バージョン 最新です(2023/5/27更新)
制作 3starter.jp
クラシック教材3~5割引きキャンペーン♪
¥16,500(税込)

値動きのルール-the market rule- 税抜15000円/税込16500円

値動きには決まったルールがある。

自分のルールを相場に当てはめようとしていませんか。

 

自分のルールを相場に当てはめたところで、値動きとは一致しないでしょう。

だから損失と利益と勝率の傾きで、繰り返せば勝てるトレードを組み立てる。

もちろん、それは必要です。

しかし、

インジケーターを相場に当てはめただけでは、値動きを理解しているとは言い切れないのではないでしょうか。

そのインジケーター通りに値動きが進みますか?

『毎回思った通りに値が動き、正しいと確信出来ている』なら問題ありません。
しかし、そうではなければこの教材をご参考になさって下さい。

特に次のようなケースが多ければ、ライントレードがオススメです。

  • 押し目が捉えられない
  • どこまで保有したら良いかが分からない
  • ずっと持っていたら、戻って来てしまう事がよくある

押し目の値位置も、相場の目標値もフィボナッチだから。

「値動きのルール」はその名の通り、値が動くためのルール。

値動きのルールの概要

この教材は「値が動く理屈」についての教材。だから『値動きのルール』と呼んでいます。

値動きのルール1とは?

値動きのルールとは?
値動きのルールとは?

天底に特化した値動きの特性を説明しました。自分自身のルールというよりも、「値動き自体がこうなる」というルールです。
※値動きがこうなる→だから、ここで入ってここで出る

例えば『底値圏で押し目買いをしたい!』という方や『分かりやすい簡単な手法が良い』『分割利食いで利を伸ばしたい!』という方のお役に立てるでしょう。

難しくないですし、値動きの基本的な性質を良く理解出来るようになります。

 

値動きは底から始まり、徐々に角度を上げながら上昇して、そして最後のクライマックスへと向かいます。

【売買ルールとしては?】

  1. この底の部分で買いを仕込むための、一番シンプルな売買ルールがこれ。
  2. 買ったらフィボナッチの目標値で利食いする。

値動きのルール2とは?

値動きのルール2とは?
値動きのルール2とは?

値動きのルール2は「トレンドの途中から目標値を算出→トレンドの終わりを見抜く」、というもの。

途中、値動きが崩れたらフィボナッチチャネルで分かります。

※トレンドフォローを行う手法。そのトレンドが崩れたら察知出来るようになります。

 

目標を算出するタイミングは1よりも遅いですが、目標値の正答率が極めて高いので、
トレンドが出始めてから気が付いても大丈夫。その流れに乗る事が可能!

 

1も2も、フィボナッチ リトレースメントを研究し尽くして分かった「値動きの特性」を教えています。

値動き自体にもルールがあります。

フィボナッチの本当に凄いところは、
「値動きはフィボナッチのルールに沿って動く」という事です。

  1. 相場は「値位置から値位置へ」と動く
  2. 付けるべき値位置は”ある天井”と、”ある底値”から割り出せる
  3. ある天井とある底値が分かった段階で、目標値が分かる

つまり、目標は先に分かります。

 

前もって決められたものを目標と言うので当たり前ですが。(笑)

 

既に分かっている値動きは予測出来るので、自信を持って買えます。

しかし、前もって先に分からないものは予測不可能。例えば、事後処理のインジケーターを組み合わせただけではギャンブルの域を出ません。

 

跳ねる値位置があり、到達する値位置がある。

これがフィボナッチのトレード。

 

上昇しているから移動平均線が付いて来た。

これがインジケーターのトレード。

 

どちらが売買ポイントを掴みやすいのか?

明らかなように思います。

 

もしあなたが『自分のルール通りに値が動かない』、と感じているのであればご注意下さい。

それは「値動き自体のルールに反している」事を表しています。

 

ですのでこの教材をアピールするとしたら、

『値がどう動くのか。少なくともその答えの一部はここにある。』

という事。

 

研究の結果、分かってしまった以上は公表せざるを得ないでしょう。

フィボナッチをずっと研究し続けて、行き着いたのはここ。

そこに気が付いて以来、「このルールに基づいて値動きを理解すれば良い」と確信しています。

 

そう。毎回同じようなラインのセオリーで動いています。パターンはありますが(笑)。

教材内容

『値動きのルール』は動画教材とトレードルールを明文化したテキストのセットです。

  • 動画教材『値動きのルール』;1時間22分18秒
  • 明文化したテキスト『値動きのルール』;18ページ
  • 使用するツール;フィボナッチリトレースメント
  • 対象;初心者~中級者
  • 動画中のサンプル;USDJPY・EURUSD(時間軸;5分足・30分足・4時間足・日足・週足)

ルールを明文化したテキストも付いています。

※もちろん市場ごとの特性は計算に入れる必要はありますが、基本的に市場や時間軸を選ぶ内容ではありません。株価指数・先物・為替全般で数年間検証済み。

注意事項

  • 動画は、スマートフォンやタブレットからでもご視聴頂けます。
  • ダウンロードして頂くPDFから動画視聴ページへアクセス出来ます。

答えはこれだ!(補足)

usdjpyd1 値動きはこのルールのように値位置から値位置へ進んでいます。

『値動きのルール』はフィボナッチの基本をまとめた決定版の教材。

この売買ルールは特に「押し目買いと天底」で有利に働くというもの。

天底や押し目で買いたい!という方は、
この「値動きのルール」を覚えておくと良いでしょう。

そして、この初代値動きのルールは
基本としてのフィボナッチの使い方をまとめたものでもあります。

値動きのルールは「天底に特化したルール」

押し目になる値位置での売買ポイント、その後保有すべき目安。

そしてその繰り返しとして単純明快に(もちろんマルチタイムフレームでは考えるが)捉える。

これが値動きのルールという、フィボナッチの使い方をまとめた教材です。

 

さらに進化した値動きのルール2もありますので、合わせてご参考にして下さい。

目標値到達の正確さは2の方が上。しかし、1はシンプルかつ分かりやすいというメリットがあります。

  1. 天底で押し目買いする時の売買ポイントが分かる
  2. 押し目から伸びた時、どこで利食いすべきか?が分かる

これが値動きのルールです。

クラシック教材まとめ

  1. 史上最も簡単は2012年に最初に販売したフィボナッチの教材。
    持ち合いを捉えます。
  2. 値動きのルール1は天底や押し目で買うための教材。
  3. 値動きのルール2はトレンド途中からトレンド終盤へ買うための手法。
  4. フィボナッチ大事典はフィボナッチのツール(色々ある)の使い方を網羅した教材。
  5. ギャン大事典ではギャンファンのオリジナルの使い方を基本に、ツールを解説。

クラシックへ

ポイント進呈キャンペーン!

現在、ご購入金額の5%分のポイントを進呈中です。

また、新規入会で500ポイント進呈中!入会ポイントは即座に利用可能です。※税込価格にポイントを付与出来るようになりました!

値動きのルール-the market rule- 税抜15000円/税込16500円

商品レビュー( 2 件 )

  1. M様 says:

    ギャン・フィボ大辞典と値動きのルールで、かなり正確なエントリー&エグジットが可能になってまいりました。
    これまで水平線のみでトレードしてきて、数ピプス足りずにエントリーorエグジットできず>< という状況を送っていましたが、
    大野さまの教材で学び、「あ~、こう動くな~」「フィボってこんなに凄いのか!!」って言うのが率直な感想です。

    勝ち方実践編で更に磨きをかけていきたいと思います。

  2. N様 says:

    値動きのルールの目標値とエクスパンションで十分戦えることがわかりましたし、値幅も十分取れます。
    目線が合っていれば、含み損を抱えても、しっかり目標値で利確できます。
    損切幅が広いのがスイングの強みかと思っています。
    デイトレは辞めて、スイングに至りました。

    個人的には、スイングするなら、値動きのルールの目標値に絶対の信頼があります。

    今後使いこなしたいのが、値動きのルール2の目標値です。
    値動きのどの部分で目標値を当てはめていけばいいか研鑽中です。

    あと極意書ストラテジーズでエクスパンションの使い方を学びたいです。
    どういう考え方でエクスパンションの数値を扱っているのか興味があります。

ログインするとレビューを投稿することができます。