ダウ理論だけでは駄目な理由~何を中心に置くべきか?~

ダウ理論だけでは駄目な理由

結論から申し上げますと、「ダウ理論だけでは利幅が小さいから」です。※切り上げ切り下げだけの話では

ダウ理論で方向性はOK。トレンドの継続確認も問題ない。

しかし、トレンド転換を確認してから確実なところでエントリーしたら、トレンドは出ているかも知れませんが
値位置は不利になります。

値位置が悪ければ、そのトレンドの終焉は近いかも知れませんよね。

「エントリー →遅い、エグジット →遅い」となれば、必然的に利幅は小さくなります。

簡単な相場であってもこれなので(笑)、難しい相場展開になれば太刀打ち出来ないでしょう。

世の中はダウ理論信者で溢れていますから、こんな逆張り的な事を言えば怒られるかも知れませんので
なぜダウ理論だけでは駄目なのか?」を次の動画でご説明します。

※本編(30分以上)は「勝ち方実戦編フリーパスプラン」のメンバーサイトにあります。これが8周年記念。他にも毎年作成している記念動画が沢山ありますよ。

なお、「高値を越えて確実なところで買う」ではなく、
「高値 → 安値 → 高値 →安値」この最後の安値で買って、前の安値に損切りを置き、次の高値を更新するのを待つ場合には上の動画の限りではありません。

ダウ理論の先行期で買えば良い

上の話はダウ理論の中でも、
「切り上げ続ける限りトレンドが継続する」という理論のみを揶揄したものでした。

しかしダウ理論は全てを合わせて完成するものではないでしょうか?
切り上げ切り下げだけではありません。

ダウ理論には「先行期・追随期・利食い期」があります。

私の場合はよく、この先行期を狙います。

追随期を狙うのが定石ではあるのですが、実は先行期から持っておく方が有利です。

要するに「大底で買う・大天井で売る」。皆と同じように追随期に買えば良いや、ではなく
他のトレーダーに一歩先んじて買っておく。

これをやる事で、その後の値動きのアップダウンに巻き込まれる心配はありません。
損切りになるのは大底を割れる時だけ(笑)ですから。

ダウ理論を中心に据えた手法

よくYOUTUBEなどで紹介される、「ダウ理論+トレンドライン+水平線+移動平均線」のトレード手法。

特徴は、その市場だけを見てテクニカル分析だけですべて完了!
それが正解であるかのように皆さん話されておりますが、そうでしょうか?

盲信するには、非常に危険性をはらんでいると私は考えます。
※それでは駄目だから、この事業をもう10年以上もやって正解を教えている。

値動きの裏を見なさいよ

それでは、ダウ理論+水平線+移動平均線などの危険性について解説します。

マーケットを動かしているものは何か?

  1. 欧州、米国のトレーダーのポジション
  2. 米国債券利回り・ドルインデックスのチャート分析
  3. 株価指数・商品先物の値動き
  4. 時期・タイミング(祭日、SQ、指標、決算期、その他イベント)
dow-theory

欧州、米国のトレーダーのポジション

水上先生の話

あなたは海外勢の画策に気が付いているか?

ロンドン勢の手法に昔から着目されているのが水上先生。次の言葉はご存知ですか。

  • ショートスクイーズ
  • ロングリクイテーション

この意味が知りたい方は、YOUTUBEでご覧下さい。

水上先生の話はこちら 水上先生とは?

水上先生は1トレード1億円くらい動かしていた、為替ディーラーです。

私の手法でも、ロンドン勢と米国勢のやり口を逆に利用して利益を上げる方法があります。※もう10年くらい前から教えているもの

水上先生と比べると可愛いものですが(笑)、大体毎日利用出来るデイトレード手法です。→時間帯における考察

私が「神」とあがめている方はお二方おります。

上岡さんの話

もう一人は上岡さん。※二人とも神(上)の字が入っています(笑)。

上岡さんは日本株トレーダーで、外観が冴羽亮(シティハンター)のようなカッコイイ方です。上岡さんのチャンネルはこちら

世界情勢と心理学としての相場の捉え方を教えてくれます。

会員様の中には私を神のように(笑)扱ってくれる方もおられますが、違いますよ。彼らが神です。

さて、一つ目のポイントは「欧州、米国のトレーダーのポジション」でしたが、如何でしたか?

お二方とも、ダウ理論ではなく、海外勢の動向に目を光らせています。

だから、『誰が買うの?』という事です。

チャート形状がどうこうとか、ダウ理論が・・とかではなく、誰が買うから上昇するのでしょうか

株のトレーダーならお分かり頂ける話だと思うのですが、FXだと皆忘れてしまうのですかね(笑)。

米国債券利回り・ドルインデックスのチャート分析

米国金利

為替が動くのは、国と国の力関係によるものです。他に、政策の違いや地政学的な理由もありますが
重要なのは「お金の総量」と「金利」です。

分かり易いのが金利の方。

金利の変化はチャートで見られますから、このチャートを分析したら良いという事になります。

つまり、日本は現在10年債利回りの動向を政府が止めていますので、
米国金利を分析したら、対米の通貨ペアに関しては値動きの方向性やタイミングを把握出来ます。

長期的な話だけではないですよ。今日これから上がるも下がるも、金利が上がるか下がるか?によって変わります。

そして、その金利チャートはTradingviewで簡単に分析出来る時代です。→Tradingviewはこちら

Tradingviewのチャートの検索窓に「US10Y」「US02Y」と入力し、毎日チェックして下さい。

ドルインデックス

ドルインデックスは米ドルの相対的な指数です。

DXYとUSDOLLARという記号を、同じくTradingviewの検索窓に入力してみて下さい。

  • DXYは米ドル対ユーロ、日本円、ポンドドル、カナダドル、スウェーデンクローナ、スイスフランを上から順に比率を大きくしたもの。
  • USDOLLARはユーロ、円、ポンド、オーストラリアドルを25%ずつ均等に米ドルと比較したもの。

ドル円・ユーロドル・ポンドドルを取引するなら、必ずチェックする必要があります。

なぜなら、ドルインデックスに上値余地があるのかないのか?
によって買えるかどうかも決まるからです。

株価指数・商品先物の値動き

ナスダック100のチェックを怠らない

ナスダック100(CFDではUS100またはNAS100)は毎日チェックしていますか?

当たり前ですが、ナスダックを見ていないのに日経平均の値動きは分かりませんし、為替の動向の意味も間違えてしまうでしょう。

ポイントは、

  • ナスダックと同方向へ動いているのか?
  • 逆方向へ動いているのか?

を見ている事。そして、ナスダックは今晩上昇するのか、下落するのか。

もちろん、NYダウ(US30)とS&P500(US500またはSP500)も同時に見ている必要があります。
※()内の記号はCFDの銘柄ですチャートはほぼ24時間値を追える、CFDでチェックしましょう。

米国の株価指数は、今でもマーケット全体を引っ張る要因となっています。その米国株が大きく上昇している・大きく下落しているのであれば、他の市場は引っ張られます。

金・原油をチェックする

同じように、金と原油相場も重要です。

金との相関・逆相関関係にある通貨ペアはご存知ですか?

ご存じでなければ、ドルインデックスと比較してみましょう!

金が上昇している時に米ドルはどうなっているのか。逆相関しています。

であれば、為替のヒントはここにもありますよね。

金チャートをチェックして(XAUUSD,またはGOLD)、これから上げるのか下げるのかを知っておくだけです。

原油価格が上昇すれば、インフレ(の指数※コアではない)が高まります。

インフレ上昇は現在のFRBの状況では、利上げを続けなければならない要因となります。

となればドル買い要因になりますから、その意味でのチェックは必要です。※私の場合は、原油は時々しか見ませんが

市場の相関関係をFXとCFDで利用して短期トレードをする方法は「さらに分かる!史上最も簡単な取引方法」というテキストでご説明しました。→詳しくはこちら

時期・タイミング(祭日、SQ、指標、決算期、その他イベント)

チャートどうこう、ではないのです(笑)。

例えば、年末・正月へ向けて各国のトレーダーがどういうポジションを取って来るのか?

想像しておく必要があります。

下落しているチャートが上昇に転じる。上昇しているチャートが下落に転じる。
※ダウ継続が、ダウ転換に。

そんな事は、誰かが買えば上がるし、売れば下がるのです。(笑)

チャートの役割は、その「誰かが買った」軌跡を見抜く事にある。

だから、売買の結果現れた形や価格を見て、その前にある「理由」を考えなければ
本当の意味で正しい売買をしたとは言えない
のではないでしょうか?

例えばインフルエンザで病院に行ったとします。『風邪です』と診断されたらどうでしょう?

『いや、だから何のウィルスで!?』と、なるはず。

根本が分からないと治療出来ません。これと同じ事です。

「売買サインだけで買う」という事は、理由を知らずに
「病状だけ見て検査もせずに診断する医者と同じ」事をやっています。

私はそのように考えます。

大衆狩りから逃れましょう!

  • SQ前はどうなる?
  • 指標発表前の各人のポジションは?

一般大衆は狩られる運命にあります。であれば、どちらに傾いているのでしょうか。

よく大衆心理!と声高に叫ぶ声が聞こえて来ます。

同じ大衆同士で互いを陥れようとするのではなく、
大衆から美味しい果実を刈り取ろう(笑)とするディーラーの考えを読む事が重要では?
戦う相手が違う気がしませんか。

私はその考え方はダサいので嫌いです。
たとえ強大であっても、証券会社や機関投資家と戦う、という意識でいた方が良い。

あなたのポジションが大衆と同じになってしまえば狩られるわけです。

  • なのになぜ、皆と同じ手法を使っているのか。
  • 一般的な投資系ユーチューバーを(エンタメではなく)
    自分の資金を突っ込む理由にしてしまうのでしょうか。

日本の投資業界の闇はまだまだ深そうですね(笑)。

一般論や、ほぼ全員が知っている理論に答えはありません。

ラインは水平線じゃ駄目よ

水平線とは、過去の高値安値が出来た値位置に横線を引いたもの。

これがライントレードだと言い張る方が多いのですが、そうでしょうか?

なぜその値位置で過去に止まったのでしょう。

重要な値位置だから止まった。→ではなぜその値位置が重要なのか?

「理由」の部分を知らなければ、これもまた
本当の意味で理解しているとは言えないのではないでしょうか。

ラインは、フィボナッチです。

  • ほぼほぼどの高値安値も何かのフィボナッチになっていますが、気が付いていますか?
  • 今日伸びるのか、今週伸びるのか。今月伸びるのか、今年伸びるのか。
    どれも値位置(ブレイクポイント)が決まっていますが、この点には気が付いておられますでしょうか?

フィボナッチの引き方をほとんどの方が分かっていないので、おそらく何も見えていない。

だから過去の高値安値にラインを引くしかないのだと思われますが、それでは新高値の位置は分からないし、底も分からなくて当たり前ですね。

結果、不利な値位置でしか買えません。

フィボナッチトレーディングの専門家として言わせて頂くと、出回っているラインの引き方はどれも間違っているか、不十分です。

背景と、値位置。時間。

この3つが揃うと、「なぜ、幾らで、何時に買うのか」が決まります。

逆に、どれも知らないなら
なぜ正解を導けると思えるのかが不思議です(笑)。

そのどれも分かっていない手法が「ダウ理論+水平線+移動平均線」のトレードです。

まとめ

トレードで知っておくべき事、チェックすべき事は幾つもあります。

  1. 欧州、米国のトレーダーのポジション
  2. 米国債券利回り・ドルインデックスのチャート分析
  3. 株価指数・商品先物の値動き
  4. 時期・タイミング(祭日、SQ、指標、決算期、その他イベント)
  5. そして、値位置。=フィボナッチ
  6. と、売買すべき時間と方向性、法則性

ここまで理解して初めて、FXのトレードは確信を持って買えます。

いえ、ここまで理解していてなお難しいのが値動きです(笑)。

その値位置から本当に伸びるかどうかは、海外勢が買うかどうかに掛かっていますし、
今日は一回戻しておいて明日伸びるのかも知れない。

だからレバレッジをコントロールしながら、慎重にポジションを作る必要があります。

自分が取引する市場のチャートだけを見て、
『サインが出たから買う!』という考え方は重要な部分を幾つも見過ごしており、非常に危険です

マーケットはその市場だけで動いているわけではないからです。

プレゼント!

トレードで大損して欲しくない。というのが一番の願いです。

資金を守るための方法
資金を守るための方法へ

これまでにも「移動平均線のトレードで2000万円損した!から学びに来た」という会員様が複数いらっしゃいました。

そんなやり方をしていたら損をしても仕方ないので、今回「どの手法であっても使える損失回避の方法」を撮影してみましたよ。

「ライントレーダーズ通信」の登録ページに動画をご用意しました。

無料なのでご登録下さい。※既存の会員様も簡単に視聴出来ます!