フィボナッチリトレースメント

フィボナッチリトレースメントの引き方【まとめ】

フィボナッチリトレースメントとは何か?

フィボナッチリトレースメントは、トレードのツールで英語では「fibonacci retracement」。意味を調べると「綾戻し」という意味不明な言葉が出てくると思いますが(笑)、「反発するライン」がフィボナッチリトレースメントだと考えておけば間違いありません。

反発するという事は、つまり、上昇している値動きが一旦下落して、その後上昇するような時。反発するライン=リトレースメント。つまり、リトレースメントをトレードに使う=「逆張り」をして、安値で買って高値で売るという理想に近いトレードをするという事。

いや、確かに反発で買えば「安値で買う」事は出来るかも知れませんが、「高値で売る(良い値位置で利食いする)」事は出来ませんよね?次に、上昇した値動きが止まる値位置が重要になります。

伸びて行けば、いつかは戻りますがその値位置(上昇が止まる値位置、「反落するライン」)もまたリトレースメントなのです。この2つを合わせた時に初めて、「安値で買って、高値で売る」という理想的なトレードが完成します!

引き方は幾つもある。3つに絞ろう!

フィボナッチリトレースメントでは、そんなフィボナッチリトレースメントをどう引いたら良いのでしょうか。とりあえず、今回は3つあるという事にしておきます(まだありますが)。

■1つ目が「大きな値動きの天底に引く」方法。

■2つ目は「小さな値動きから大きな値動きが生まれる時、その天底に引く」方法。

■3つ目は「進行中の値動きの途中から引く」方法。

まずはこの3つで考えてみましょう。

どれを重視すべきか?

最初は1の「大きな値動きの天底に引く」方法。を学んでおくべきでしょう。 これが一番簡単 だからです。そして、大きな流れを追う事も出来ます。

「大きな値動きの天底に引く」方法

retracement例えば、こんなイメージです。0~1の値幅があります。その中でウロウロしていますね。

最初に出来た高値安値を越える事がまだ出来ていないからです。この時、0~1の間でレンジ(持ち合い相場)になっていると考える事が出来ますが、 持ち合いになりやすい値位置というものが存在します。それがリトレースメントです。 

上昇したら売られ、下落したら買われる。このリトレースメントの反発するライン、反落するラインによって上昇しても戻り、下落して戻るため、結果としてリトレースメントのある数値間をウロウロする事になります。

では、この時にどう売買したら良いか?

大きな値動きの後の天井と底値の間から抜けられない。そして、フィボナッチリトレースメントの値位置で反発・反落している。

それであれば、高い値段にあるリトレースメントの数値で売り、安い値段にあるリトレースメントで買えば良いのです。簡単に言えばそういう事です。

つまり、 持ち合いを制すにはリトレースメントの値位置を知り、高値で売り、安値で買えば良い 。ただそれだけです。

しかしながら、値動きには法則があります。このチャートのような上昇後は、

  1. まずはある数値を目掛けて下落し、そして反発する。
  2. 次に、ある値位置で抑えられて反落する。
  3. その次に、ある値位置を付ける(タッチする)と、ある値位置とある値位置の間まで下落します。
  4. それでも最終ラインを抜けられなければ反発し、
  5. 底値を割れる事なく上昇して行きます。

問題は、このセオリーを知っているかどうか。

知らなければ持ち合いはおろか、長期の流れも理解出来なくなる恐れがあります。なぜなら、持ち合いは上のチャートでイメージ出来ると思いますが、長期に置き換えてみて下さい。

 現在の値位置が過去の高値安値を越えていなければ、常にこれらのリトレースメントに影響されて現在の相場がある からです。

米国株価指数のように、全ての高値を越えて上昇しているような相場にはこの理屈は通用しません。しかし、例えば日経平均、例えばドル円、例えばユーロドルといった、過去の高値安値のいずれかをまだ超えていない相場においては、常に一番大きな高値安値の影響を受けて現在の小さな値動きがあります。

よって、リトレースメントの一番大きな天底に引く引き方をあなたのチャートに表示していないのであれば、残念ながら、
一番強力な反発反落ポイントが見えていませんので、急に反転して利益を失ってしまう可能性があるという事を理解しておく必要があります。

長期であればあるほど、その反発は大きなものになるからです。

「小さな値動きから大きな値動きが生まれる時、その天底に引く」方法

底値 画像天底で気を付けなければならない事は何でしょうか?

底であれば、底を割れて下落して行ってしまう事です。天井から売りたいのであれば、さらに高値を越えていく事です。

では、 天底がブレイクされなかったとしたら、どの値位置が買い場・売り場として最も相応しいでしょうか? 

まずはこの点を理解しておくと、ほぼ底値で買う事が出来るようになります。

次に、

  1. 底値を切り上げて上昇を始めた時、どこまで伸びるでしょうか?
  2. 伸びて、戻るタイミングがありますが、その前に利益を確保するにはどの値位置が最適でしょうか?

これらをフィボナッチリトレースメントを使って、全て設定する事が可能です。もちろん、たった一つの引き方で。

P.S.天底が割れた時? 伸び切った相場がさらに伸びて戻る時(これを通称『損切りカット』と呼ぶ(笑))、決まって意識される値位置が2つあります。その引き方とその2つの数値をフィボナッチエクステンションと言います。

この前にご紹介した手法は「大きな流れと全体の方向性、そして持ち合い相場」に機能し、この手法は「全体の流れの中にある小さな時間軸、そして天底」に良く機能します。

「進行中の値動きの途中から引く」方法

トレンド途中 画像トレンドが発生した時、どうやったらトレンドに乗れるのか。 トレードでは何も天底を取れなくとも、トレンドで値幅が稼げればそれで良いですよね? 

トレンドに乗るためには「トレンドの傾きと、割れてはいけないライン」を知っておく事です。どのくらいの勢いで伸びており、どのラインさえ割れなければまだ伸びるのか。この2つが見えていれば、トレンドには乗れます。安心して買えるからですね。

また、トレンドには終わりが来ます。

 トレンドはどこで終わるのでしょうか?そして、トレンドはどこまで”は”進行するのでしょうか? 

天底での売買方法とこの手法はまるで違い、当然ラインもトレンド途中から引く事になります。天底の売買ではトレンドが終わった事を認識した上で、その折り返しを狙うわけですが、トレンド途中からラインを引いてトレンドに乗るためには、特にその目標値の精度と、押し目になるラインが重要です。

割れてはいけないラインと、まだ伸びるという安心感です。

まだラインを割れていない、まだ目標値へ到達していない。この2つが揃った時に、トレンド途中という不利な値位置(わりと高値圏)であっても、新規エントリーも追加エントリーも出来ます。

リトレースメントの基本。3つの使い方まとめ

天底とトレンド。大枠の流れ。

この3つが揃えば、フィボナッチリトレースメントだけで多くの事が理解出来るようになります。

しかし、実戦で一番使いやすい形でなければ意味がありません。シンプルにチャート上に表示出来て、値動きに対して最も機能する数値設定や引き方とは何か?

 これらの利便性(便利さ)と学んだ時の分かり易さ、簡単さ、一番機能する形に注目して教えています。そうでなければ、学んだとしても使いこなせません。 

フィボナッチトレーディングにおいて知っておかなければならない事は幾つもあるのですが、そこに必要なのは数学の知識ではなく、チャートを分析しトレードで勝ち抜くためのスキルです。

フィボナッチリトレースメントというわけで、新動画「フィボナッチリトレースメントの3つの引き方」はこの3つの引き方に集約して、分かり易くお伝えしたいと考えています。

また、これだけではつまらないので、新しいテクニックも含めて「フィボナッチリトレースメントの使い方」で有用なものをこの動画にまとめたいと考えています。

それでは、勝ち方実戦編フリーパスプランへの新動画追加をお楽しみに。2021年前半の内に全ての動画をお届けする予定です。

単品教材で学ぶには?

なお、今回ご説明したフィボナッチリトレースメントを使ったトレード手法は、これまでに販売して来た教材3つを解説したものです。新動画でまとめ直したものではなく過去の教材で宜しければ次の3つをご購入下さい。

■1つ目…「大きな値動きの天底に引く」方法

史上最も簡単で、最も正確な読みの出来る(値位置に対しての)CFDとFXの取引方法

■2つ目…「小さな値動きから大きな値動きが生まれる時、その天底に引く」方法

値動きのルール

■3つ目…「進行中の値動きの途中から引く」方法

値動きのルール2

その他セオリーやデモ動画などの一覧はこちら

フィボナッチとギャンのトレードまとめへフィボナッチトレードとギャントレードのまとめ【新動画予定】

■サイト「投資の基礎はタダで学べが好評です。月間3000人以上が利用中!

投資の基礎はタダで学べメール講座」も好評受付中です。
≪1か月間の基礎・応用・勝ち方講座無料≫

ライントレーダーズ通信」もご一緒にどうぞ。
«相場分析記事・コラム・マインドセット講座同時配信中»

現在のキャンペーン

【春のクーポン配布中♪】3/2-4/30まで クーポン使用で1000円~5000円割引!
☆入会ポイント+ご購入金額の5%ポイント進呈中☆
お勧め商品/キャンペーンページはこちら
※DL-MARKETでの販売は終了しました。トレード教材は当ホームページをご利用下さい。