フィボナッチ リトレースメントの正しい引き方3つ【まとめ】

フィボナッチ リトレースメントの引き方を3つ紹介!

基本となるフィボナッチ リトレースメントの”正しい引き方”を3つご紹介します。

フィボナッチリトレースメントとは何か?

フィボナッチリトレースメントはトレードのツールで、英語では「fibonacci retracement」。意味を調べると「綾戻し」という意味不明な言葉が出てくると思いますが(笑)、要するに「戻る」という事。

なお、「フィボナッチ」とだけ言った時は基本的に「フィボナッチリトレースメント」の事を指します。

今回ご紹介するのは次の3つ。

  1. 大枠に引くフィボナッチの引き方
  2. 天底から引くフィボナッチの引き方
  3. 途中から引くフィボナッチの引き方

それでは始めましょう!

フィボナッチの引き方・使い方は幾つもある。3つに絞ろう!

スリースタータードットジェーピーではこれまで正しいフィボナッチの使い方を教えるための活動を10年間以上続けて来ました。著書;『フィボナッチトレーディングの進化論
今回の全7回のコラムでは、ツールの使い方を簡単にまとめてあります。

フィボナッチリトレースメントの3つの引き方

フィボナッチリトレースメントをどう引いたら良いのでしょうか。

とりあえず、今回は3つあるという事にしておきます(まだありますが)。

  • 1つ目「大きな値動きの天底に引く」
  • 2つ目「小さな値動きから大きな値動きが生まれる時、その天底に引く」
  • 3つ目「進行中の値動きの途中から引く」

まずはこの3つで考えてみましょう。

リトレースメントの引き方3パターンをご紹介します!

3つのフィボナッチ リトレースメントの引き方をご紹介」→「チャートの例」で解説します。

1つ目「大きな値動きの天底にフィボナッチを引く方法」

フィボナッチはどの引き方を重視すべきか?

最初は1の「大きな値動きの天底に引く」方法。を学んでおくべきでしょう。これが一番簡単だからです。そして、大きな流れを追う事も出来ます。

大きな天底に引く方法

こんなイメージです。

0~1の値幅があります。その中でウロウロしていますね。

最初に出来た高値安値を越える事がまだ出来ていないからです。

この時、0~1の間でレンジ(持ち合い相場)になっていると考える事が出来ます。

持ち合いになりやすい値位置がリトレースメント。

上昇したら売られ、下落したら買われる。

このリトレースメントの反発するライン、反落するラインによって上昇しても戻り、下落して戻る。そのため、結果としてリトレースメントの数値の間をウロウロする事になります。

では、この時にどう売買したら良いか?

大きな値動きの後の天井と底値の間から抜けられない。そして、フィボナッチリトレースメントの値位置で反発・反落している。

それであれば、高い値段にあるリトレースメントの数値で売り、安い値段にあるリトレースメントで買えば良いのです。

持ち合いを制すには「リトレースメントの値位置を知り、高値で売り、安値で買う。」ただそれだけ。

上位足と下位足に同時にフィボナッチ リトレースメントを引く。

持ち合いは上のチャートでイメージ出来ると思いますが、長期に置き換えてみて下さい。

過去の高値安値を越えていなければ、常にこれらのリトレースメントに影響されて現在の相場があるのです。

全ての高値を越えて上昇中の相場にはこの理屈は通用しません。しかし、過去の高値安値のいずれかをまだ越えていない相場においては、一番大きな高値安値の影響を受けて現在の値動きがあります。

よって、「一番大きな天底に引く」という引き方をチャートに表示していないのであれば、
一番強力な反発反落ポイントが見えていません。

まずは大きな高値安値にフィボナッチリトレースメントを引きましょう。

その反発反落するラインがあなたのチャートになければ、『急に反転して利益を失ってしまう可能性がある』という事を理解しておく必要があります。

長期であればあるほど、その反発は大きなものになるからです。

具体例;大枠にフィボナッチを引く方法(動画)

例えばこんな風に高値と安値を結んで引きます。

動画の最初(サムネイル)では「3割戻し(0.618での反発を指す)」が機能していますね。

注意して頂きたいのは「どの高値と、どの安値を選ぶか?」は裁量になるという点です。

また、反発すると言っても「下髭で到達するのか、終値で残るのか?」という点も。直近の安値から引いたフィボナッチリトレースメントでは0.5へ”下髭で”到達しています。

リトレースメントの引き方(直近から引いた場合)

直近から引いた場合

0.5へ到達。下落目標値とも捉えられる。

リトレースメントの引き方(過去の安値から引いた場合)

過去の安値から引いた場合

0.618へ終値を残して反発。

1つ目のフィボナッチ「大枠に引く方法」のまとめ

フィボナッチの基本は「3割戻しになるのか、5割戻しになるのか、7割戻しになるのか」この3つのどれなのか?を考える事です。

どんなシーンでは7割で、いつなら3割で反発するのか?

過去検証して下さい。

※なお、今書いた質問には答えもあります。詳細は後ほど。

また、高値と安値を抜けられないからこそ、「その間で持ち合い」になります。

多くの場合、過去のいずれかの高値安値を抜けられていないでしょう?

だからこそ、この一番基本のフィボナッチの引き方がよく機能します。

この方法は簡単に言えば、
持ち合いエリアとしての認識(下落すれば反発、上昇すれば反落)と、押し目の割合です。

2つ目「小さな値動きから大きな値動きが生まれる時、その天底に引く」方法

天底に引く方法

天底で気を付けなければならない事は何でしょうか?

底で買いたければ、底を割れて下落して行ってしまう事天井で売りたいのなら、さらに高値を越えていく事です。

天底がブレイクされなかったとしたら・・・どの値位置が買い場・売り場として最も相応しいでしょうか?

まずはこの点を理解しておくと、ほぼ底値で買う事が出来るようになります。

次に、

  1. 底値を切り上げて上昇を始めた時、どこまで伸びるか?
  2. 戻って来る前に利益を確保するには、どの値位置が最適か?

これらをフィボナッチ リトレースメントのたった一つの引き方で設定する事が可能です!

”小さな値動きから大きな値動きが生まれる”、とは
天底から発生する値動きの事を意味します。

天底では値動きが小さいですが、トレンドが発生すれば大きくなります。底値の内に買っておくやり方、要するに天底の取り方です。このリトレースメントの引き方をご存知でしょうか?

オススメなのは「二番底や二番天井からエントリーする方法」です。勝率も高いですし、その後の展開が美味しいですから。

具体例;天底から引く方法→目標値

チャートが無いと分かりにくいと思いますので、こちらをご覧下さい。

天底からフィボナッチを引く方法

天底で必ずしも買う必要はなく、二番天井や二番底から買えば良い。

この場合、3番天井とも捉えられますが(笑)、そのような「戻り売りポイントからフィボナッチの目標値へ売れば良い」というわけ。これがオススメです。

2つ目のフィボナッチ「天底から引く方法」のまとめ

「2番底で買ったり、2番天井で売る」というのが利幅が出しやすくてお勧めなのです。

天底は逆張りになりますが、普通の逆張りとは違い、戻って来ないから天底なのでその後の展開を考えれば試してみる価値はあります(有利な値位置で買える)。

しかし2番底や2番天井よりは勝率が下がるかも知れません。

ただ、「暴落時のショートカバー」であるとか、「行って来いの時の急激な上昇で高値から売る」という事が出来るようになると、一番美味しい値位置で買えます。

3つ目「進行中の値動きの途中からリトレースメントを引く方法」

トレンド途中から引く方法

トレードでは何も天底を取れなくとも、トレンドで値幅が稼げればそれで良いですよね?

しかしトレンドが発生した時、どうやったらトレンドに乗れるのでしょう。

トレンドに乗るためには「トレンドの傾きと割れてはいけないライン」を知っていると便利です。それはフィボナッチチャネルの事ですが、併せてリトレースメントを使うのがお勧め。

買い場と目標値がどこで、どのラインさえ割れなければまだ伸びるのか。これらが見えていれば、トレンドには乗れます。安心して買えるからですね。単純な話です。

“その値位置までは到達する。

だから、まだ保有しておこう。”

こんな具合です。

いつかトレンドには終わりが来ます。

トレンドはどこで終わるのでしょうか?トレンドはどこまで”は”進行するのでしょうか?

どこまで行くかが分かっていればまだ保有しておけますし、押し目になるセオリーを知っていれば有利な値位置で買っておけます。→目標値の精度と、押し目になるラインが重要です。

天底での売買方法とまるで違い、この手法ではリトレースメントをトレンド途中から引く事になります。

割れてはいけないライン(トレンドライン)と、まだ伸びる(目標未達)という安心感

まだラインを割れていない、まだ目標値へ到達していない。この2つが揃った時に、トレンド途中という不利な値位置(わりと高値圏)であっても、構わずエントリー出来ます。

具体例;トレンド途中から引く方法=目標値の精度UP!

下落目標値からの反発

目標値の算出方法にはルールがある。

本当に正確に引けるようになれば、その目標値までは到達します。到達したら反転する可能性も高い。

上昇目標値の精度が高い

フィボナッチリトレースメントにはチャネルを合わせる。

チャネルに沿ってトレンドは進み、反発ポイントにもなり、割れたらトレンドも終わる。

3つ目のフィボナッチ「トレンド途中から引く方法」まとめ

値動きが伸びて行く途中から引き始め、トレンドの角度を把握しつつ押し目買いをする。

このような方法があります。

最近はこの方法が有効に働く事が分かっています。

フィボナッチ リトレースメントの基本。3つの使い方まとめ

大枠のエリア。天底。トレンド。

この3つが揃えば、フィボナッチリトレースメントだけで多くの事が理解出来るようになります!

しかし、実戦で一番使いやすい形でなければ意味がありません。シンプルにチャート上に表示出来て、値動きに対して最も機能する数値設定や引き方とは何か?

必要なのは数学の知識ではなく、チャートを分析しトレードで勝ち抜くためのスキルです。

なお、今ご紹介したフィボナッチ リトレースメントの引き方3つは基本です。まだまだ奥が深いですよ。

リトレースメントに特化した教材

■1つ目の引き方…「大きな値動きの天底に引く」

史上最も簡単で、最も正確な読みの出来る(値位置に対しての)CFDとFXの取引方法

高値安値の間に入った時、どのようなセオリーで売買すれば良いのか?その答えはここにある。

そして、教えている手法の中でこれが一番簡単です(笑)。

■2つ目の引き方…「小さな値動きから大きな値動きが生まれる時、その天底に引く」

値動きのルール

天底で買いたい。二番底で買いたい。そんな方はこちら!

天底に特化したフィボナッチ リトレースメントの引き方・使い方をまとめた教材です。

■3つ目の引き方…「進行中の値動きの途中から引く」

値動きのルール2

トレンド途中から引く、目標値の精度が極めて高いトレード手法です。

ご紹介して来たように、リトレースメントの引き方は複数あります。まだ先がありますが、今回3つに絞った基本の引き方から覚えてみて下さい。

反発するライン=リトレースメント。

反発(はんぱつ)するとは、値動きが一旦下落↓して、その後上昇↑するような時を言います。その逆の意味で、反落(はんらく)するとは「上昇↑後に下落↓する」事。

「反発するライン」がフィボナッチリトレースメントだと考えておけば間違いありません。
つまり、次のようになります。

  1. リトレースメントをトレードに使える「逆張り」が出来る
  2. =「押し目買い」と「戻り売り」が出来る
  3. =安値で買って、高値で売り抜けられる

いや(笑)、確かに反発で買えば「安値で買う」事は出来ても、高値で売る(利食いする)事は出来ませんよね?

上昇が止まる値位置=「反落するライン」もまたリトレースメントなのです。

反発する値位置と反落する値位置。この2つを合わせた時に初めて、「安値で買って、高値で売る」という理想的なトレードが完成します!

つまり、天底を取れるのがフィボナッチ リトレースメントです。

天底が分かれば、安値で買って高値で売り抜ける事が可能ですね。

最低でも2つのフィボナッチの引き方を合わせて、確率を上げるべき。

フィボナッチの大枠の引き方+天底からの引き方を組み合わせた例 FXポンドドルの場合
フィボナッチの大枠の引き方+天底からの引き方を組み合わせた例;FX ポンドドルの場合

このチャートのように正しくフィボナッチを引けば

→ 底値でも買えますし、下落からの立ち上がりで押し目買いも出来ます。上昇目標値の達成で売る事も出来ます。
※そもそもこの下落自体フィボナッチの下落目標値からの反発です。

大枠としてのフィボナッチの引き方×目標値算出の引き方

この場合、大枠の下落幅とその戻り。下落目標値と上昇目標値を併用するから分かります。

例えば、「長期の下落中や持ち合い中に、短期で上昇している値動きを取りたい!」と考えたのなら、持ち合いエリアや戻り幅が分かるフィボナッチと上昇目標値や押し目が分かるフィボナッチを引くべきです。

つまり、2つ以上のフィボナッチ リトレースメントを引き、売買の精度を上げるべきでしょう。

フィボナッチの3割戻し(0.618)も複合的な根拠があった方が良い

または「日足で上昇中の押し目を捉える」と考えれば、
日足でフィボナッチを引き、4時間足以下でもフィボナッチを引く必要があります。

一般的に有名なフィボナッチの引き方・使い方として「3割戻しで買う(0.618で買う)」というものがあります。

この時も、単純にそれだけを見るのではなく複合的に考えた方が勝率が上がります。

3割戻しで買う?いやいや(笑)、5割や7割まで下落してから安値を切り上げる事もしょっちゅうありますよ。

なぜ3割で下落が止まるのか?

複数の理由で、その値位置が強固になっているからです。

その値位置に、他には何の強いラインがあるのか?」という視点で、エントリー前に今一度、複合的にラインを引いてみて下さい。

例えば

  • 下落目標値を算出して下落のめどを知る
  • 週足規模で反発するラインを探す
  • 移動平均線と組み合わせる

など

もしも一つのフィボナッチの引き方しか知らなければ、時間軸を変えてみましょう。※ただし、引き方は(本当は)一つではありません。

動画「リトレースメントの3つの引き方

リトレースメントの3つの引き方
リトレースメントの3つの引き方

この動画では3つの引き方に集約して、フィボナッチリトレースメントを分かり易くまとめました。

上手くまとまっているので、この動画一つを観るだけでリトレースメントの使い方はマスター出来ます!

この動画は勝ち方実戦編フリーパスプランで視聴出来ます。新セット「FIBO&GANNライントレードマニュアル」もご覧下さい。

では続き。

まだまだある、フィボナッチ リトレースメントの引き方

これ以外にも、実はまだフィボナッチリトレースメントの引き方があります(沢山)。応用編のページにありますのでご覧下さい。

今回の記事では最後に、応用編の引き方の前置きとなる、初期のバージョンをご紹介しておきます。

リトレースメントを使ったデイトレード手法

デイトレード手法」。これもなかなか凄いので、ご紹介しておきます。

※どうやって引いたのかは(極秘の手法のため)分からないように載せてあります。ごちゃごちゃしていますが、水色のラインは無いものとしてご覧下さい

デイトレード編;例gbpusdh1-daytrader
gbpusdh1デイトレード手法で売買した場合の例です。

先程のチャートではデイトレード手法はこうなります。この10本の赤色の水平線がそう。

実は毎日、この目標値を達成しては戻り、また達成しています。

どちらの方向へ、どこまで一日で進むのか?つまり、「今日はどこまで買おうかなー。」と言った時。ここまで正確に分かっています(笑)。

この手法の発見は、まさに奇跡的なものでした。この話はこちら

リトレースメント応用

その他ツールの使い方はこちら

フィボナッチとギャンのトレードまとめへフィボナッチトレードとギャントレードのまとめ【新動画】


現在のキャンペーン

キャンペーン詳細 →お勧め商品/キャンペーン
☆入会ポイント500円分+5%分のポイント進呈中☆

メール講座

投資の基礎はタダで学べ。メール講座とライントレーダーズ通信』を配信しています。