フィボナッチ エクスパンション

フィボナッチ エクスパンションて何?

フィボナッチ エクスパンションはトレードで使うツールで、英語では「fibonacci expansion」と書きます。

トレードをされていて、もしもこのツールを知らないとしたら、値動きのかなり重要な部分を見過ごしている事になります。

なお、MT4ではエキスパンション(expansion)、Tradingviewではエクステンション(extension)が同じのツールで、
今回書いているツールの事です。

※expansionは拡張という意味。※MT4・・・メタトレーダー4 Tragingview・・・トレーディングビュー この2つが現在、トレードで使われるチャートシステムで最も有力かつハイテクな分析機能を持つものとして、トレーダーに愛用されています。

フィボナッチ エクスパンションで一番重要な点

エクスパンションは、まずは天底から引くべき

なぜなら、相場の反転を取る時に分かり易く上下を値位置で表してくれるのがエクスパンションだから。

特に天底の戦いでエクスパンションを使うべきですが、押し目買いの時にも使えます。

フィボナッチ エクスパンションの引き方

エクスパンションは買いであれば
「底値→最初の高値→次の安値」の3点に引きます。

すると、幾つかのラインが各チャートシステムのデフォルトでも自動的に算出されます。

※私が開発した、正しい設定値についてはここでは書きません。まずはデフォルトで引いてみましょう!

 

各ラインは横の線つまり、「値位置」を表します。

そして、

  1. その値位置を越えれば買い!
  2. 越えなければ、戻る可能性が高いので買えない(危険)。

このような判断になるわけです。

値位置を越えたら買う。しかし、越えなければ買わない。簡単ですよね。

 

「値位置を越える」という意味ですが、
「ローソク足の終値で越えるを越える(ラインブレイク)と言います。

上髭で戻った時には越えたとは言いませんので、この点にも注意して下さい。

上髭(うわひげ)…ローソク足の細い部分です。陽線なら「高値-終値=上髭」です。

エクスパンションの引き方(例)

フィボナッチエクスパンションの引き方

ラインの設定は色々とカスタマイズする必要がありますが、まずはデフォルトのライン(チャートシステムによって異なる)で試してみて下さい。

底値 → 高値 → 次の安値(2番底)の3点にポイントを当てれば完成です!

かなり簡単に引けるツールですね。

フィボナッチ エクスパンションはどんな展開で有効?

あらゆるシーンにおいて機能します。

  1. 伸びた相場が一旦戻った時。
  2. 伸びた相場がそれ以上伸びるか、それとも戻るか?を判断する時。
  3. 底値圏から立ち上がるかどうかを判断する時。
  4. 底値を割れて下落する可能性を探る時と、下落中にさらに売り叩く時。

この記事でご紹介しているのはこの内、1番と3番のケース。

エクスパンションで買う時の注意時点

エクスパンションのラインを越えたから「底値圏から立ち上がった」と判断して買う。

次にエクスパンションが抵抗になって上昇する時にも買う。※実際に私はここで買っています

 

また、押し目買いは指値でも出来ます。

指値(さしね)…値段が下がった時に買うように予め買う値段を設定しておくこと。対照の言葉成り行き(なりゆき)」はチャートを見ている実際のタイミングで買うこと。

指値をしておくと、チャートを見なくても良いので楽です。

相場は「まだ伸びるのか?それとも戻るのか?」が判断出来ればそれで良いので、エクスパンションをマスターすると買い増し・売り増しも楽に出来るようにもなるでしょう。

エクスパンションのラインを超えた時に買う、押し目になった時に買うと決めていれば何も迷う必要もありません。

そして、フィボナッチエクスパンションの使い方を徹底的にマスターすると、かなり重要な売買ポイントが掴めて、その後の値動きへの理解も深まります。

エクスパンション”裏”の使い方

  1. 伸びた相場が一旦戻った時。
  2. 伸びた相場がそれ以上伸びるか、それとも戻るか?を判断する時。
  3. 底値圏から立ち上がるかどうかを判断する時。
  4. 底値を割れて下落する可能性を探る時と、下落中にさらに売り叩く時。

この2番と4番がエクスパンションの裏の使い方です。

要するに、相場の反転を取るのが1番と3番。トレンドを取るのが2番と4番です。

 

トレンドを取るのが「裏」となっているのが不思議でしょうが、エクスパンションの使い方としてはその言い回しで正解です。

表と裏というのは設定値に関連しています。基本的にデフォルトの設定値は、何かが足りないように作られていますのでご注意下さい。

 

2番と4番の設定値や使い方はきちんとお伝えしなければ使いこなせないので、次の動画で説明させて頂きます。

fibonacciトレード・gannトレードまとめ

  1. フィボナッチリトレースメントの3つの使い方
  2. フィボナッチエクスパンションの表と裏
  3. フィボナッチチャネルの表と裏
  4. フィボナッチファンの表と裏
  5. フィボナッチリトレースメント(応用)
  6. ギャンスクエア・ギャンリトレースメント・ギャンファン

など

これまで教えて来た フィボナッチとギャンのツールの使い方やトレード手法を今一度見直し、最新版にアップデート しました。それがこのシリーズです。

動画「エクスパンションの表と裏」

フィボナッチ エクスパンション

フィボナッチエクスパンションの表と裏

「エクスパンションで相場の反転を取る方法」と「エクスパンションでトレンド途中から買う方法」の両方をご説明しました。

この動画は『勝ち方実戦編フリーパスプラン』で視聴出来ます。

 

fibonacciトレード・gannトレードまとめシリーズがメインコンテンツとなった、新セット「FIBO&GANNライントレードマニュアル」もご覧下さい。

 

その他セオリーの一覧はこちら

記事一覧はこちらフィボナッチトレードとギャントレードのまとめ

 



現在のキャンペーン

Winter Sale2021開催中 対象商品が10%オフ!2021/11/17-2022/1/5

キャンペーン詳細へ →お勧め商品へ
☆入会ポイント500円分+5%分のポイントも進呈中☆

投資の基礎はタダで学べメール講座」好評受付中!
≪1か月間の基礎・応用・勝ち方講座無料≫

ライントレーダーズ通信」もご一緒にどうぞ。
«相場分析記事・コラム・マインドセット講座同時配信中»