トレードルール

トレードルールとトレード手法では、まるでその意味合いが違います。

トレード手法はトレードルールを組み立てる上でその1つの要素に過ぎず、それ以外の多くの要素が

実はトレード成績や、今回のエントリーの成否、心理的負担や破産確率にも大きく影響しています。

 

そのため、トレード手法以外の部分についてもこの記事で知識に加えて頂ければ幸いです。

トレードルールとトレード手法の違い

トレードルール

図解;トレードルールとトレード手法の違い

まずはこの図をご覧下さい。

トレードルールは全てを含みますが、トレード手法はその一部であり、もちろん重要な部分です。しかしながら、一番重要かと言われるとそうとも言い切れません。

この図で本当に一番重要なのは「資金管理」でしょう。

多くの意味を含む言葉ですが、破産しないような資金管理、つまり「エントリー枚数」が極めて重要です。

一体、総資金に対して何%以下のリスクを取れば今後、相場で生き残れる可能性が高いのでしょうか。

 

ご自身がこれまで行ってきたトレードの勝率・リスクリワードを含めた上で「バルサラの破産確率表」と照らし合わせてみて下さい。

『何%のリスクを取り、勝率はどの位で、損切り幅に対して利幅をどの程度得られていたか』という平均値を取ります。

毎回行き当たりばったりのトレードをしていたなら、平均値すら取れないでしょう。

 

リスクリワードを決めてしまうのが「利食い設定・損切り設定」です。

「環境認識」はトレード手法の中に組み込んであれば素晴らしいと言え、これは勝率を上げるために必要なものです。

大きく分けて持ち合い(レンジ)相場かトレンド相場か。そして、上位足の方向・上位足の環境認識とも言います。大きな流れはどうなっているのか、自分のトレードルールでエントリーすべきタイミングなのかを先に把握しておくという意味です。

『こうなった時はこうする』という、細かなルールまで事前に決めておきます。

ここまで完成したものがトレードルールです。

インジケーターとライントレードの違い

トレード手法を何にするか?という問題もあります。

インジケーターかライントレードか。この2強以外のものを探すか。

私はライントレードの中でも「フィボナッチ」と「ギャン」をオススメしています。

ライントレードなら「天底を取る」という、皆が憧れるトレードスタイルはいとも簡単に出来るようになりますし、ライントレードの中で頂点となるツールが「フィボナッチ」と「ギャン」なのです!

「フィボナッチ」と「ギャン」は天底や押し目を探す時に圧倒的な精度を誇り、利食い設定・損切り設定も容易に出来て、ルール化しやすい。

さらに、「資金管理」が意味する枚数のコントロールも、他のトレード手法と比べて行いやすいからです。

フィボナッチの実用例

4時間足の環境認識

4時間足の環境認識

30分足のトレード

30分足のトレード

何故、毎回フィボナッチの通りに動いてしまうのか?

それは分かりませんが、とにかく各時間軸で天底になる値位置・押し目・戻り売りポイント・下落目標値・上昇目標値その全てはフィボナッチです。

だからフィボナッチを学べば有利な値位置で買えますし、利食い目標も明確。

例えば30分足でトレードするなら4時間足規模の値動きの流れとトレンドか持ち合いかをまずは探します。

このAUDUSDは4時間足でアップトレンドですから、30分足でも買い場を探すのです。

4時間足でも買い場となり得る値位置で、30分足でのエントリーチャンスを探すとも言えます。

この環境認識を終えたら、決められた値位置とチャートパターンで、決められた枚数だけを買って、決まった値位置へ利食い・損切り設定をしたら終わり。

投資戦略(売買ルール)の計測方法

投資戦略の基準

増加%、勝率、平均利益損失比、プロフィットファクター、レストレーションファクター 、最大ドローダウン、1トレード辺りの期待値

トレードルールの作り方

平均利益損失比は1トレードあたりの平均利益÷ 1トレードあたりの平均損失額。リスクリワード。
最大ドローダウンは検証期間中の最大損失額。
プロフィットファクター は総利益÷総損失。1は越えている必要がある。
レストレーションファクター は (総利益 – 総損失)÷最大ドローダウン。
期待値は(平均利益÷勝率ー平均損失÷負け率)×枚数。一回で平均幾ら増えたか。

つまり、50回以上はトレードして、統計を取ります。その50回ごとのトレードで、どういう結果が出せるかを算出します。

損失より利益は大きいか(平均値と総計)。勝率は何%か。ドローダウンが大き過ぎればギャンブルになっているので小さく。

で、結局幾ら増えたか。

これを1つの市場・1つの時間軸に対して何回も検証して行きます。なぜなら、たまたま時期が良かっただけかも知れません。

もちろん1つの手法とトレードルールでです。

複数の市場で検証しても、何回検証してもやはり勝ってしまうようなトレードルールなら本物だと言えます。

トレードルールのまとめ

トレードルール1~10(戦略1~20)

新トレード手法のテーマは「融合」。

エクスパンション+デイトレード手法

エクスパンション+デイトレード手法

従来の(平成の(笑)。)数々のライントレード手法。

その中から最も機能すると考えている3つの手法を融合しました。

1つ目は『デイトレード手法』。

この手法は『大野が考える現在最強のデイトレード手法』『勝ち方実践編LESSON22;「極み」』などとして、公開してきた手法で
その日の目標値・上昇の起点となる値位置などが分かるというもの。

これだけでもデイトレードはかなり有利に進める事が可能です!

しかしながら、ここに「フィボナッチエクスパンション」「フィボナッチファン」の2つのツールを加えました。

従来は「フィボナッチリトレースメント」を利用していましたが、

エクスパンションとファンに”変える”事によって

全く新しくこのデイトレード手法は生まれ変わったわけです。

新しい時代の新トレード手法

プロフィットファクター19!?いや33だと?

検証は楽しい!ートレードルールの作り方2ー

トレンドが一番伸びる瞬間とは?

例えば下落相場が上昇に転じた時、あなたならどこで買いますか?

上昇の立ち上げで買えれば良いけれど、もしも買い遅れたとしたら…。

30分足と5分足で買い増しをする方法

30分足と5分足で買い増しをする方法【戦略5】

実はトレンド途中でも、グンッと伸びる瞬間があります。

トレンドが一番伸びる瞬間とは?/トレンド中に買い増しをする方法

新!値動きのルール登場

続・勝ち方実践編LESSON6

戦略6~7新!値動きのルール 時間1:06:37

この動画教材は2014年に発売した『値動きのルール-the market rule-』をリニューアルした新しい売買ルールです。

”一体、どのくらいのパフォーマンスが計測出来るだろう?”とずっと疑問でしたので、値動きのルールを改めて検証してみたところ

勝率72%、プロフィットファクター6越えという驚異的な数値を叩き出しました。(笑)

新!値動きのルールは徹底した押し目買い戦略!

フィボナッチチャネルの新しい使用法とは?

フィボナッチチャネルは通常のチャネルとは違い、幾つものラインが引けます。

2本しかない平行チャネルでは、捉えられる値動きも限られてしまいます。次のように。

フィボナッチチャネルと並行チャネル

フィボナッチチャネルと並行チャネル

見やすくするために引き方は少し変えてありますが、
この規模の5分足チャートですら、接点を比較すると
単純に2個と8個で4倍の差がありました

フィボナッチチャネルの新しい使用法

持ち合い戦略なら

持ち合い戦略なら

持ち合い戦略なら

トレンド中に負けたとしても
また持ち合いが始まれば
持ち合いが終わるまで続けて利益を出せます。

そして持ち合いが続く時はとにかく長い(笑)。

延々と続く持ち合いで消耗して利益を吐き出していくのか、
それともチャンスに変える事が出来るのか。

分かれ目は「トレンド中の戦略」と「持ち合いの戦略」を両方持っているかどうかではないでしょうか。

持ち合い戦略

オーバーシュートの取り方

戦略13のVr2-Vr3ではさらに大きな値動きを狙う!

startegy13-vr1-3

戦略13Vr1~3Vr3の違い

トレンドがどのくらい出ているかにはよりますが、
Vr2やVr3を使ってやるとさらに大きな値動きを捉えられます。

 

パフォーマンスは約2倍~3倍。

どれもFXで検証してこの結果が出ています。

CFDで使用したらもっと良いかも知れませんね(笑)。

CFDトレードをオススメする理由

フィボナッチエクスパンション

エクスパンションとファン1

エクスパンションとファン1

例えば、このチャートを見て

■どの水平線より上が買いか?

■買い遅れた場合、どの水平線を上ブレイクした時に買えば良いのか?

■この上昇が止まった値位置には何があったのか?

これらがお分かりになりますか。

 

 

フィボナッチエクスパンションとファンの使い方1

フィボナッチエクスパンションとファン+週の仕込み

日経平均4時間足

日経平均4時間足(エクスパンションとファン+週の仕込み)

このチャートはどう見えますか?

 

赤色の横線を引いた値位置から下が売りです。ファンでも抑えられていますね。

 

週の最後に反落した矢印↓を引いた部分は絶好の売り場だったわけですが、何故だと思われますか?

フィボナッチエクスパンションとファンの使い方2

長期の流れを見て、中長期トレンドを捉えるには?

このセオリーを利用すると、長期トレンドの流れを知る事が出来るようになり、

その流れの中で、中長期トレンドを捉える事が可能になります。

トレンドはどこまで続くか(流れを見る戦略)

これで伝えるべき内容は全て!

というわけで、トレードルールまでしっかりとお伝えしました。

8年間、スカイツリーが誕生した日から今まで、

かなり長い時間が掛かりましたが、ようやく

スリースタータードットジェーピーが伝えるべき全ての技術を配信完了しました!

フィボナッチとギャンを使ったライントレードはあまりにも奥が深く、

総計200個以上の動画教材を作りました。(VIMEOには438個もの動画が!)

その中のベスト10などを、次回の記事で発表したいと考えています。

 

戦略20個を手に入れるなら…

ストラテジーズと勝ち方実戦編で20個の戦略、10個のトレードルールを学べます。

「勝ち方実践編LESSON1~41」が極意書フィボナッチトレーディングの進化論、

「続・勝ち方実践編LESSON1~14」が極意書ストラテジーズにまとめられています。

極意書STRATEGIES~ライントレード20の戦略~

極意書 フィボナッチトレーディングの進化論⋰ プレミアム版

勝ち方実戦編フリーパスプラン

オススメ!

■サイト「投資の基礎はタダで学べが好評です。月間3000人以上が利用中!

投資の基礎はタダで学べメール講座」も好評受付中です。
≪1か月間の基礎・応用・勝ち方講座無料≫

ライントレーダーズ通信」もご一緒にどうぞ。
«相場分析記事・コラム・マインドセット講座同時配信中»

現在のキャンペーン

ウィンターセール2020 11/20-1/8まで セール期間中、お勧め商品が10%オフ‼
☆入会ポイント+ご購入金額の5%ポイント進呈中☆
→お勧め商品(キャンペーンページ)はこちら
※DL-MARKETでの販売は終了しました。トレード教材は当ホームページをご利用下さい。