円買い介入時の売買の仕方~これまでの為替介入を全て売った男~

天井がどこか分からないから難しい

4月29日の介入は売れましたか?

うちの会員さんは結構売れたみたいで、
コンサルで『ポンド円を200円から売った』『ドル円を売った』などの話を聞きました。

私大野の場合はユーロ円を171.055円(最高値171.588)、ドル円を159.832円(最高値160.209)で売りました。いつも日銀と一緒に円買いしています(笑)。

介入の売り方 下落後の売買方法

これまでのところ全てです。今回は、そんな介入の売り方2024年バージョンの動画を作成しました。

動画『円買い介入時の売買の仕方』

よくある介入のタイミング例

介入のタイミング

そもそも為替介入があるタイミングや値位置は分かりにくい時を狙います。なぜなら、分かってしまえば円売りポジションが損切りに巻き込まれませんし、私みたいな輩(やから)が利益を上げようとするからです。

政府はそういう奴ら(=投機筋)を異常に嫌っているようで(笑)、肩身が狭い思いをしているのが我々FXトレーダーですね。

※『投機筋』は文字通りの意味では個人投資家を含みます

投機筋とは?・・・株式・為替・商品の価格の変動に着目し、短期的な売買を繰り返して利益を得ようとする投資家全般をいう。→実需筋

by goo辞典

そのため、政府は買いのトレーダーも売りのトレーダーもやっつけようとしてしまう。ドル円は買わせないし一緒にも売らせない!

しかしながら日経平均は上昇してほしい。だから祝日や日本の株式相場が終わった後などに介入を行う事がほとんど。いわば、「NISAで買っている株のトレーダーは守りたい」という事。

つまり、
この雰囲気を掴んで逆に利用すれば、為替介入は売買に利用しやすい!ということになります。日経平均が下がるのは介入のせいではなく「米国株の影響で・・」というストーリーが良いですよね。

ほんとに都合が良い(笑)のですが、最近トランプ元大統領に働きかけているようで、米大統領選で上手く行けば円高に戻れるのかも知れません。

トレーダーとして天底売買に必要なスキル

冒頭に、うちの会員さん達が介入時に売って勝ったという話を書きました。

スリースタータードットジェーピーで教えているトレード手法は基本的に
「押し目買いや逆張りを完璧な値位置で行う」というスキルです。

もちろんラインブレイクも教えますが、天底を当てる技術は業界でピカイチでしょう。数年前に介入で売った話は聞かなかったので、いつの間にか皆さんのスキルが上達していたのだと考えています。

※介入前夜のライブでユーロ円の天井の値段は教えましたがポンド円とドル円を売ったらしいので間違いない。

ユーロ円の場合

さて、今回の介入劇で
なぜその値位置でそのタイミングで行われたのか?について明確な答えがあります。

2つの手法で予め分かっていました。

  1. 値動きのルール2
  2. (著書)極意書ストラテジーズ ※48P、トレードルール2

介入の値動きはおよそ2分間でした。上昇1分、下落1分。この間に買いポジションから売りへ切り替えるには、トレード手法と値位置に完璧な自信がなければ出来ません。

私は毎回迷いなく、成り行きで売買を行い、最高値付近の値段で売っています。そして同じように売れたトレーダーも迷いはなかったはず。考えたら間に合わないので、前もって売る値位置の目星を付けていないと判断出来ません。

追記 2回目の日銀介入 5月1日FOMC後。朝5時台

ユーロ円の下落はチャネルで分かった

写真はユーロ円です。これを書いている今朝5時台に2回目の介入がありました。こうやって商いが薄い時間帯(トレーダーがいない)、そして日経平均への影響があまりない時に行われる事が多いのです。

なお、この下落もフィボナッチで分かります。フィボナッチチャネルの最終ラインで下落。もちろん私は売っています。→チャネルの使い方はこちら

日経平均への影響を見てみましょう。

日経平均への影響はやはり薄かった

これから先は分かりませんが、少なくとも2回の介入時の影響は小さく、むしろその下落を押し目にして、朝から大引けまで上昇し続けました。そういう事です(笑)。

※これが大人の事情

下落後はきっちりと!利食い

売ったら利食いもきっちりと!

この瞬間に利食いして、反対売買で買いを入れる。これが結構重要です。

また、「売る値位置・利食いする値位置」はどちらも予め分かっていなければ対処出来ません。ではどうしたら良いのかというと、フィボナッチを引いておく事です。

私の場合、このユーロ円は2回の介入で売って買い戻しました。※ドル円も同じタイミングで売買した

こんな具合にやれば、介入時はただ美味しいだけの値動きであり、損する類のものではないのです。

とっておきのトレード手法がある

3SテンプレートTradingView版

この時の売りは3Sテンプレートを出しておけばバッチリでした。売り場の値位置が勝手に出ます(笑)。

毎回これらのラインで反応するので、答えみたいなもの。

これ無しでは分からないかも知れませんね。うちの会員さんは結構使ってくれています。3SテンプレートはプログラマーのFUKUさんが私の手法をインジケーターにしてくれた物。MT4版とMT5版もありますよ。

3Sとは?

今回の本編動画

円買い介入時の売買の仕方

26分50秒『為替介入2024 円買い介入時の売買の仕方』

忘れていましたが、これが今回の一部始終(一度目の介入の理由とその後の対処方法)を話した動画です。→デモ動画はページ上で視聴出来ます

  • 介入の天井から売る方法
  • 下落トレンドになった時にドル円クロス円を売るコツ

2022年と2023年もやっているので、コツは掴んでいますから
しっかりお伝えします!

このコツは介入が成功して本当に下落トレンドになったのなら、かなり重要な話☆

本編動画は「勝ち方実戦編フリーパスプラン」の新動画としてアップロードしました。メンバー様はご覧下さい。

プランへの新規参加もお待ちしております。

まとめ

例に出したユーロ円の天井は、前日から分かっていました。

理由は2つあります。

  1. 値動きのルール2というリトレースメントの手法
  2. エクスパンションの裏の手法(極意書ストラテジーズのトレードルール2)

これだけ。

そして、2回目の介入は

  1. フィボナッチ チャネルの手法(極意書ストラテジーズか、値動きのルール2で教えている)
  2. 3Sテンプレート

で分かります。

次回どんなチャートパターン出来ても分かるように、色々知っておいた方が良いと言えますね。

新動画『為替介入2024 円買い介入時の売買の仕方』を視聴出来る勝ち方実戦編フリーパスプランでは、基本的に今ご紹介した全てを学べます。※動画が多過ぎるので探すのは大変かもしれません(笑)

それではまた。

スリースタータードットジェーピー 大野乃生