ライントレードとインジケーターが完全融合

ラインとインジケーターを融合させました!

インジケーターとライントレード。これらは全くの別ジャンルに見えて、実は同時に使う事が可能です。

成功しやすい逆張りはあるの?

スリースタータードットジェーピーではライントレードを教えています。

一方で、インジケーターを使ってトレードをしておられる方もいます。(MACDがどうこう、移動平均がどうこう・・)

どうするのか?

インジケーターを環境認識に利用し、ライントレードを行う。

単純な話です。

ライントレードとインジケーターの融合とは何か?

現在の状態が分かるインジケーターと、未来の目標値が分かるライントレードを組み合わせて使う方法です。

持ち合いブレイク

未来(この先の値動き)が分かるだけでは少し足りないものがあります。それが、環境認識です。つまり、今は「どんな状態にいるのか?」。

例えば4時間足で下落中に、15分足で成功しやすいのは「売り」のトレード。全体の流れは下ですから。

しかし、「あくまでも環境に過ぎない」とも思うのですね。

『今までの流れが上方向だったから、今も(まだ)買いだよね?』(・・・さあ。)

インジケーターだけで売買するというのは、そういう事です。これまでの流れが上だったか下だったかを見ているという事になります。

こんなあやふやなインジケーターも、ラインと組み合わせる事で明確な値位置を伴った売買へ変わります。

インジケーターで分かるのは、「現在どうなっているのか」。

例えば、移動平均線が下落している。価格の平均は下。だから、”この流れが継続すれば”次も下へ行く確率が高い。今現在売られ過ぎているから“もしかすると”、そろそろ反発があっても良いかも。

そんな風に、現在の状況が分かるインジケーターもあります。

ですがインジケーターはあくまでも事後処理。これから上昇すれば移動平均線も上昇するし、これから下落すればその動きにつられて下がります。

問題はここです。これから先の事は一切分かりません。

現在がどの状態かは分かります。

しかしながら、今上昇しているからと言って次の瞬間下落しないとは限りません。もしかしたらもう既に目標まで到達してしまっていて、

次の瞬間には・・・急に大きな下落が待っているかも知れない。

それを見抜く術(すべ)はありません。それがインジケーターです。その瞬間を見抜く術はライントレードにあります。

ライントレードは明確な値位置や売買ポイント!

どの値段まで行ったら反落する可能性が高い。その値段までは買っておける。

そのように値位置を利用して、これから動くその先を見ています。それがライントレードです。

  1. どこが目標なのか? ➡ 到達してしまったら抵抗になる。
  2. 抵抗になっている線を抜けた。 ➡ 次の目標値を目指して進む。

目標。そして、抵抗。

抵抗線は抜ければ、支持線にもなる。

ラインとインジケーターの融合(イメージ)

現在上昇している ➡ では、明確な基準や抵抗を越えたなら ➡ 買おう。

(環境認識)           (セットアップ)         (エントリー)

三角持合いの抵抗線を上抜けた ➡ 持合い抜け ➡ 上へ

三角持ち合いのラインを抜けたら買うというのがライントレードです。インジケーターで分かるのは、今まで持ち合いだったという環境認識。※ラインだけでも分かりますが

フィボナッチやギャンによるライントレードの場合

  1. ラインブレイク→次のラインへ向かう。
  2. ある値位置(フィボナッチ)まで上昇する。
  3. 途中で買い場となる支持線がある。
  4. 上昇中、抵抗線がある。
  5. 目標値へ到達して、売られた。

値動きが変化する根拠となり得る事実を見るのがライン。そしてフィボナッチなら「目標値」が分かります。

値動きは目標値から目標値まで進んでいます。目標値へ到達すれば抵抗になるし、目標値をブレイクすれば次の目標値へ進もうとします。

動画LESSON23『融合~テンプレート~』

デモ動画はこちら

一つのチャートに5つの流れを一目で分かるように表示するテンプレート

  1. 全体的に売られているのか、買われているのか。
  2. 買われ過ぎているのか、売られ過ぎているのか。
  3. 平均より上にあるのか、下にあるのか。
  4. 持ち合っているのか、トレンドが出ているのか。
  5. より大きな流れはどちらなのか。上か、下か?

レッスン22の「極み」の技術をより上手く使うために、インジケーター等を追加したものがこのテンプレートです。視覚的にもより簡単に、一日の値幅を追う事が出来ます。もはや、インジケーターもライントレードも境目はないですよ。

とはいえ、何を使おうとも最高なのはフィボナッチのトレード。そして「極み」ですけれどね。(笑)

LESSON22『極み』 僅か1pipの誤差 原油が跳ねた理由 もご参考下さい。

目標値と買い場が分かるのがLESSON22。

LESSON22『極み』では、その目標値が恐ろしい精度で分かるという話をしました。一日の中には基準となる値位置があります。そして、一日の流れには、方向があります。

上か、下か。 →ではどこまで上で、どこまで下か。

つまり、どこからどこまで買えばいいか?が分かるというのが『極み』。

それ以外に、何か必要ですか?(笑)

恐ろしく正確なこの目標値へ達してしまえば、反落する可能性が高い。

そこまでに利食い(エグジット)が出来なければ、利益は目減りしたり、もしかすると損失へと変わります。その目標へ進んでいるという事が分からないから、

皆買う事を怖がるし、ようやく買ってもそこが天井になってしまう。そんな方は多いですよ。ですが、

どこへ向かっているのかが分かっていたら?

そこまで持っておいて、そこで利食いすればいいのです。

LESSON23ではこれにフィルターを掛ける

より安心してポジションをキープ出来ますし、方向性を誰でも間違えにくい。教えているのはライントレードですが、”誰にでも”分かり易くするために、このLESSON23があります。

インジケーターと、基幹商品(トレードする市場に影響を与えている市場)の状態を見ながら基準となる値位置のブレイクから、その日の目標値までを買っていく。

それが『融合~テンプレート~』です。このテンプレートを使う事で簡単に視覚的な理解が出来ます。

このLESSON23の登場に先立ちまして数名の方にモニターをお願いしました。

全否定されるコメントを頂きましたので(笑)、是非読んでみて下さい。

そして、私をここまで理解してくれる方がいる事にとても感謝しています。5・6回は読んでほくそ笑んでしまいました。

感謝を込めて、ここで掲載させて頂き、そしてお礼を言わせて下さい。ありがとうございます。

コメント

“ 忌憚の無い意見を書かせていただきますと、大野さんの「※※※の仕込みという秘儀とフィボナッチ&ギャンファン」だけでもう十分過ぎるほど十分です!22が強烈すぎて、この23がもはや蛇足なもののように思われました。。。  

この23の動画の途中で大野さんもおっしゃっておられますけれども、他のインジはなしのシンプルなほうが判断がしやすいですし、以前から教えてくださっているとおり、ライントレードには不必要なインジなどはむしろ邪魔になっていますよね(笑)。 もっぱらライントレーダーの私は22の動画を拝見しただけでもう一生安泰になれると確信しましたが(Yeah!! \(^-^) )、

この23は、まだ自分が使ってる移動平均線やインジなどを信じて表示させておられる人もいて、無駄なところでエントリーしている人も多いと思われますので、そのような人たちへ向けての教材であると私は思いました。その点では大変親切なレッスンであると思います。 22はもう門外不出にしてください!(爆)^^  強烈過ぎます。今日も昨日もぴったりでした!※※※の仕込み&フィボのつけ方を詳しく伝授くださり、本当にありがとうございました!!”

I様

完全に、このLESSON23を否定する内容ですが(笑)素晴らしいライントレーダー魂を感じます。

門外不出にしてほしい、との事ですが内容は実戦編のみでお伝えしますのでご安心下さい。

P.S.こんなコメントも頂きました。

実践編の中でもより実践的!というか明快なトレード技!!! 視覚で環境認識をプラスすることでミスを減らす! エントリーがあわてんぼうの方や初心者の方に必要なものが揃っています。加えて※※※の仕込みを生かしたデイトレード、最強すぎてこの先どうなってしまうんだろう。。。という感じです。もうこれ以上ないくらいの技がぎっしりです!!!!!

PAMYU様

主旨を完全にご理解頂き、ありがとうございます。

(簡単に言えば)トレードして良い状態か?または駄目な状態か?をフィルターとして機能させています。

ライントレードだけで基本的には環境認識もセットアップもエントリーも全て出来ます。しかし、一目で誰にでも一瞬で視覚的に理解出来るようにテンプレート化されたものが今回のレッスン。

通常のフィボナッチトレード手法とは違う、デイトレードに特化した手法「極み」の完成形です。

LESSON23登場予定!

LESSON23『融合~テンプレート~』

2016年2月勝ち方実戦編フリーパスプランに登場します。ご期待下さい。

※勝ち方実戦編フリーパスプランは沢山の動画教材含まれるパッケージ商品です。

この手法では毎日エントリーポイントがあり、更にどこまで伸びるか?という目標値も高い精度で分かります。

  1. ○(丸)で囲んである辺りがエントリーポイント
  2. 目標値は下向きに引いてあるライン

丸と下向きのラインに注目して見てみて下さい。

audjpyh1
audusdh1
gbpusdh1

如何でしたでしょうか。オージー円、オージードル、ポンドドルの今週3/14・15の月曜日火曜日の1時間足です。

今週は月曜日はオージードルが、火曜日はポンドドルが特に「下落するなあ・・・」と

朝チャートを見た瞬間に分かりましたが(その理由は簡単なのでまた後で)、少なくともこのように”動く”市場であれば、より簡単に売れます。

このデイトレード手法のポイントその1;〇を付けた値位置から売る

どこまで売れるのか?なぜそこから売れるのか?についてはチャート上からラインが消してあるので、分からないでしょう。目標値を算出し、後でそれを消したのがこのチャートだからです。

しかし、まさに〇を付けたところが絶好の売り場でした。

デイトレード手法のポイントその2;目標値で利食いする

下向きに書いてあるラインの止まったところ、それぞれが目標値

  • 目標値へ達すると、戻る。
  • 大きく動く市場では、最大の目標値まで売る事が出来る。
  • 動かない市場では、細かな目標達成で終わる。

それがまず、大前提です。

だから、持ち合いでも問題ないですし、上のように伸びる市場だとより良いですよね。

これが「極み」と名付けた目標算出法です。開発には非常に苦労を重ねました。

→「極み」について詳しくはこちら

次に、なぜ丸のところから売るのか?(エントリーポイント)

それが「大野が考える現在最強のデイトレード手法」と呼んでいる手法です。

このタイミングこそが、肝なのです。

動かないところで、売買しても仕方がないですし、動くタイミングを掴む必要があるという事です。値幅はひとまず置いておいても、エントリーするのに適したタイミングを明確にしています。



現在のキャンペーン

キャンペーン詳細 →お勧め商品/キャンペーン
☆入会ポイント500円分+5%分のポイント進呈中☆

メール講座

投資の基礎はタダで学べ。メール講座とライントレーダーズ通信』を配信しています。