linetrade1

ライントレードのイロハ!

ライントレードというと、様々なものが想像出来ると思います。

水平線、トレンドライン、レジスタンスやサポートライン。

しかしながら、最も有効に働き、正確に値動きに作用するのは…

フィボナッチとギャンだと私は考えます。

というわけで、今日は今年書いた記事の復習です!もう年末ですからね。

ライントレード①シンプルなラインから

5/5の記事より抜粋

水平線と支持線・抵抗線

水平線とは横の線というだけの意味です。ただし、トレードで言う「水平線」が意味しているのは
今までの高値安値で意識されそうな値位置に引き、「支持線(サポートライン)」となる、または、「抵抗線(レジスタンス)」となるのを狙う。

つまり、前回の高値で「今回の上昇も止められて下落するのではないか?」と考えるという事です。

chart2

 

水平線と値動きの関係性を表しています。
左から順に
1.上昇してきた値動きが一度上にブレイク→その後サポートされた。
2.下落してきた値動きが支持線で支えられて上昇。
3.上昇してきた値動きが抵抗線で下落。
4.下落してきた値動きが一度下にブレイク→そのラインはレジスタンスに。

水平線は支持線(サポートライン)にも抵抗線(レジスタンス)にもなります。
ですが、これは以前の高値安値に引いた水平線に限った話ではありません。

「支持線・抵抗線」となる値位置(横の線)として
考えられるものは主に3つあります。

  1. 過去の高値安値(水平線)

  2. 節目の値位置(100 円丁度・ゾロ目 など)

  3. ​フィボナッチリトレースメント

水平線よりフィボナッチが有利な理由

水平線を以前の高値安値に引くトレーダーの場合、やたらと沢山引く傾向があるようです。
対してフィボナッチを使うトレーダーは、1度か2度ラインを引くだけで水平線のトレーダーよりも多くの機能する値位置を算出する事が出来ます。

なぜなら、
フィボナッチは一度引くと、5~10以上の値位置も引けてしまうから。

重要な値位置にただ一回フィボナッチを当てると
その後の目標値(今後、それが機能し次の高値安値になる。その高値安値に水平線を使うトレーダーがラインを引いたり、皆が意識し、さらに強固なラインとなる)も引けます。

ライントレード③目標値まで買う

5/18記事より抜粋

値動きのルールと呼ばれる手法

fibo1

チャートをご覧下さい。
赤で丸を付けたところで売ったとします。そうしたら、「目標値」と書いたところまで売ります。

この目標値は幾つか算出出来ますので、分割で利食いしても良いし、一部残しておいてもOKです。
それが本当に機能するフィボナッチの値位置であれば(あなたが正しくそれを算出出来るのなら)、そこから跳ねて一旦戻る事になるでしょう。

戻るのであれば、利食いしておいた方が良いですよね?
だから、目標値を出し、目標値で少なくとも一部を利食いする。
それが目標値を使うメリットです。

さて、色々とお話しておきたいのですが
上の図で、天井を付ける前の値動きから「天井の値位置を割り出す方法」があります。
これをフィボナッチエクステンションと私は呼んでいます。

ただ私がそう呼んでいるだけで、多くの方は0~1を越えた数値をそう言います。
その数値(1.618など)についてはまとめて「フィボナッチリトレースメント」と私は呼んでいます。

ではそのエクステンションによって、天井を割り出せたとします。

だとしてもそれが天井である保証はどこにもありません。
(笑)

天井になるためにはもう一つ。
その値位置自体が大枠で、
「意識されている重要な値位置」である必要があります。

それを表したのが赤い横線です。

天井から下落した後、通常値動きは
その意識される値位置へ押し目(戻り売りポイント)を付けます。

最高値→安値→戻り売りポイント→安値更新→目標値へ。

この流れで下落が決定ます。

 

ライントレードの始め方以上抜粋でした。再度お読みになる場合はブログの方でお読み下さい。
5月のブログ記事はこちら

具体例に置き換えてみましょう。

EURUSDH4-3-2

ユーロドル4時間足(具体例1)

現在の相場に置き換えてみるとこうなります。

上の解説とほぼ同じチャートはユーロドルにありました。現在の4時間足です。

1.エクステンションで天井を割り出す。

2.売り場から売る。

3.目標値まで売る。

やる事は以上です。難しくないですね?

買いの場合は、この逆のチャートを探して下さい。

 

上の解説で書いた

“天井になるためにはもう一つ。
その値位置自体が大枠で、
「意識されている重要な値位置」である必要があります。”

については、次のチャートを見るとご理解頂けるでしょう。

EURUSDH4-5-2

ユーロドル4時間足(具体例2)

解説図より少しラインが多いゾーンですが、天井に
「意識されている重要な値位置」があります。

エクステンションが始まる値位置にも「重要な値位置」があったので
その時点でも一時期は、頭打ちになっていました。

これらの値位置は勝ち方実戦編フリーパスプラン」の手法です。

まあ、これが最強ですね。

 

そして次。

EURUSDH4-2-1

ユーロドル4時間足(具体例3)

こちらが実際の値動きのルール」と呼ばれる手法の目標値です。
(上記解説図と同じもの)(具体例1のチャートにフィボナッチをきっちりと引いて、目標値の部分だけを切り取ったチャートです)

目標値で戻り売され、目標値で跳ねて、目標値で反落していますね。

 

このように、フィボナッチを本当に理解しているのであれば(もちろんチャート形状が意味するものも理解していれば)思った通りに動きます。

 

「取引する」ということ

取捨選択から始まるのかも知れない

一度、トレードの取引という考えを捨てて、ビジネスや販売における「取引」に置き換えて考えてみましょう。

お客様に何かを販売する時、取引には買い手と売り手がいます。

トレードでも同じです。

トレードにも買い手と売り手がいます。

行き過ぎた相場は、逆張りをする人がいる。だから、その損切りをカットする時にさらに値は進む。

投げ売り投げ売り…。

誰に?

買うトレーダーもいなくなれば、誰に売れば良いのでしょうか。

値ごろ感(ねごろかん)で資金を突っ込んでくれれば、その損切りを消した時(買いは売りに変わる!)

さらに値を下げます。

しかし、そんな人もいなければ売る相手もいない。

この状況、下げられない状況になった時に反転するのです。

だからトレンドはしつこいけれど、あなたが買う気も失せたタイミングで反転上昇します。

では天底を取るためにはどうしたら良い?

上に書いた通りです。目標値まで買い、さらにエクステンションと

相応しいチャート形状になるのを待って買うだけです。

いつでも同じ。

 

後は慣れと、練習。経験値。

理論通りなのか、そうではないのか?

その「細かな違い」を見極められるようになるために。

 

以上、コラムでした。

一年間配信してきた記事も是非ご覧下さい。

 

関連・最新記事はこちら

CFDトレードのすすめ

全教材ラインナップを変更しました!

ライントレード3点セット

マインドセット講座を再開しました!

「ライントレード」が含まれる記事または教材

検索結果はこちら

オススメ!

■サイト「投資の基礎はタダで学べが好評です。月間3000人以上が利用中!

投資の基礎はタダで学べメール講座」も好評受付中です。
≪1か月間の基礎・応用・勝ち方講座無料≫

ライントレーダーズ通信」もご一緒にどうぞ。
«相場分析記事・コラム・マインドセット講座同時配信中»