デイトレードで勝つためには?

デイトレードで勝つための具体的な方法

まず、デイトレードで勝つために必要な一番重要なポイントからお話します。

それは「値がどう動くのかを理解している」事。
どういう理屈で、どこで反発し、どこまで伸びる可能性が高いのか。
それが分かっていれば
入るべきポイントでエントリーし、出るべきポイントでエグジット出来ます。

次に重要なのは「どれだけ突っ込んで、幾らほしいのか、リスクを限定出来るか」。

無茶苦茶なトレードをしていては一瞬で大金を失います。

ですので、安全にトレードを続けていくためには資金管理が重要になります。

一回勝てば良いわけではないのです。デイトレードは勝ち続ける事こそ重要なのであって、一発勝負ではない。その事も意識してみて下さい。

それでは具体的な方法を解説します。

デイトレードで勝つためには1;大きな流れをまず見よう!

デイトレードで勝つためには?画像1
NYダウ 30分足

ではこのチャートをご覧下さい。この30分足チャートはNYダウの流れを表しています。

ですが、こういう流れを取るのがデイトレードではありません。もっと小さくて、この中のごく一部の値動きを取るのがデイトレードです。

デイトレードで勝つためには?1-1 まずは環境認識

丁度丸や四角を付けた所では反発・反落しながら向かうべき方向へ値は進みます。この流れももちろん、取れます。それは移動平均線でも良いし「目標値まで買って行く」でもOKです。

ちなみに、この移動平均線はEMAで太い線は200EMAです。それで支えられているように見えるなら、どうぞ使って下さい。ですが、それが理由でその値段で跳ねているわけではありません。

本当はその値位置にフィボナッチの重要な値位置があるので跳ねています。

そのように目標値までフィボナッチの値位置で反発しながら伸びて行く値動きがあります。

  1. 大きな目標値(どこまで伸びるのか?どこで支えられるのか?)を知っておく必要があります。
  2. 方向性を見るために、移動平均線を出しています。
  3. フィボナッチでの反発を見ています。

なのですがデイトレードとはそういう事ではありません(笑)。ここでは、大きな流れがあるという事を覚えておいて下さい。まだ環境認識の段階です。

次に、デイトレードの値動きを見て頂きます。

デイトレードで勝つためには2;30分足で値動きを捉える。NYダウ編

デイトレードで勝つためには?画像2
NYダウ 30分足拡大図

これがそうです。拡大した30分足です。

私はこの丸から丸へ買っています。天井で売り、底で買いました。夜型のトレーダーならこのNYダウあたりは丁度良いでしょう。

では、何を見たらこの売買が出来るのか?

フィボナッチです。

その日の目標値で反発・反落するのを、その他の市場・時間を確認しながら売買します。

フィボナッチと言っても、正しい本当の使い方をしなければ天底は分かりません。※おそらくあなたはこの使い方を知りません。

スリースタータードットジェーピーで教えている使い方の場合はこうなります。

  1. 目標値で反発・反落するのを、他市場・時間を確認しながら売買する。
  2. 「いつ、どのタイミングで値が動く確率が高いのか」を考える。

そうすると、上の値動きは取れます。

デイトレードで勝つために画像3

同じように、もう少し前の値動きを見てみると

フィボナッチの値位置まで伸びて、下落目標もまたフィボナッチです。

※フィボナッチの値位置に水平線を分かりやすく引き直してあります。

デイトレードではそのたった一つの値位置とタイミングを計れば、一番良い値位置で買えます。

トレードには2つの方法があり、その一つが順張り。もう一つは逆張りです。

そして、逆張り側の人間はこのタイミングで売買します。

流れを順張りで追いながらフィボナッチで逆張りすれば、押し目買いも天井から売る事も出来るわけですね。

デイトレードで勝つためには3;利食い目標で利食いする。ドル円編

今度はドル円で見てみましょう。

ドル円 30分足 デイトレードで勝つために画像
USDJPYM30d2

2日分のドル円30分足です。

売るべきポイントをブレイクしたので売って、目標値で利食いします。

3つの目標値がありますね。

どこまで買いなのか?

それは、「大きな抵抗がある値位置まで」。

到達すると、また下落するタイミングになった時に下落するからです。

これらが分かっていれば、逆張りや戻り売りが出来ます。

RSIなどのオシレーターで逆張りが出来ると思わないで下さい。失敗します。

ラインをブレイクし損ねたから下落するわけで、買われすぎたからなどではありません。

最近、親しい会員様から『なぜ値動きの反転が見えるのですか?』というご質問がありましたが、まだお答えしていなかったので今書いておきます。

ダウ理論と、フィボナッチのルールを知っているから。そんな感じです(笑)。

十分に今まで教えてきましたので、もう一度復習してみて下さい。

例えばこれがそうです。デイトレードのドル円

デイトレード30分足ドル円 値動きのルール使用例

これが「値動きのルール」と言って教えてきたものです。

どうしてもそこは売り場だし、その売り場が決まれば目標まで行くのです。

あとはその値動きに乗るだけ。

USDJPYM30w

下落すれば移動平均線は付いてきます。

ですが、移動平均線を見ていてもこの売り場を捉える事は出来ません。普通のトレーダーには出来ないからこそ、意味があるのですけどね。

USDJPYM30y

最後にこれも見ておきましょう。

週の目標値の反発反落ポイント、そして年の目標値の売買ポイントです。

かくして

ドル円は下落したわけです。

さて、あなたが学ぶべきトレード手法は何でしょうか。

デイトレード手法(オリジナル)の奇跡的な発見!

これらの発見はかなり奇跡的なものでした!

皆さんに伝えるために見つかったのだと思います。

日本の投資業界にこの手法を広め、多くのトレーダーを救う力がこれらの発見にはあるでしょう。

もちろん、全てのトレーダーに教えるつもりはありません。

スリースタータードットジェーピーの会員様だけが勝てばいい。

それが当初からの指針であり、経営方針です。

無料から始めたい方は

投資の基礎はタダで学べメール講座をご受講下さい。ある程度のテクニックは身に付きます。

本気で、勝ちに行く覚悟のある方だけ有料教材に取り組んで下さい。

今書いたような具体的なテクニックだけを教えています。

値動きを読み解く事が出来ればデイトレードは今までよりも簡単に出来るでしょう。

売買ポイントも、利食いする値位置も明確なので、その後は練習あるのみ。

自分なりのスタイルを確立する事も重要ですね。

何時から何時にトレードするとか、どのパターンの時だけトレードするなど。

ぜひ長くトレードを続けていって下さい。

それではまた。

今後もご期待下さい。

投資の基礎はタダで学べメール講座はこちら(無料です) 勝ち方実戦編フリーパスプラン3つのポイント!

おまけ

今日ご紹介するデイトレードは

「11月18日の30分足トレード」。

※2017年11月19日のトレード記事を転記しました

ドル円とユーロドルで実際に行った売買ポイントを通してデイトレードで勝つためのコツについてお話したいと思います。一つ目はこちら。

夕方から夜中まで勝ち続けたその秘訣とは何でしょうか。

EURUSDM30-trade
EURUSDM30-trade

丸を付けてある部分が売買のハイライトです。

ユーロドルとドル円は大体が逆方向へポジションを持っています。

同時に行う事で値動きが大きな方で値幅が稼げる、というわけです。

ユーロドルの最初の売り。そして、安値からの買い。さらに売り。アップダウンで80PIPSは取ったと思います。

後半は値位置だけで逆張りして、両建てでリスクヘッジをしながら少しずつ利幅を伸ばしました。

デイトレードで勝つための秘訣その1 カギは「時間」。

時間戦略を使うと、何時に下落し、何時から跳ねるのかが分かります。

いつもそうですが、最初にチャンスを掴むのは時間か値位置。

同時にそれが機能すれば、一番良いタイミングとなります。そして大体は同時に機能します。

この最初の売りで狙っていたのは「戻し」。

まずは逆張りし、押し目のタイミングで買う。

次に利食いするべき時間に利食いし、それが終わったので、次の押し目の時間まで売るそして押し目の時間が来たので買う。

やっている事を単純に言い表すと、ただそれだけ。時間です。

そしてそれこそが、この日のユーロドルの値動きです。

値位置と時間。

この両方が分かっていれば、天底は容易に取れます。

デイトレードで勝つための秘訣、2つ目は天底と逆張り。

ほとんどの天底は取れる。デイトレードは天底狙い。

私は実は、デイトレードで「ほとんどの天底を取れる」という特殊能力を持っています。

人にトレードを教える時は順張り重視で教えているつもりですが、自分が得意とするトレードは逆張りです。

長期トレードであれば、かなり根性が必要ですがことデイトレードであれば、根性など必要ありません。

数分我慢すれば反転するからです。

場合によっては、1・2分から15分程度の我慢。

これくらいは誰でも待てるのではないでしょうか。

デイトレードで勝つための秘訣3、リスクは負わない。

USDJPYM30-trade
USDJPYM30-trade

デイトレードで勝つための3つ目のポイントはリスクを負わない事。

私がリスクを負ったのは、最初のユーロドルの売りと、最後のドル円の買いだけです。

それ以外、『利幅がどこまで伸びるかな~』と考えているだけで「ポジションコントロールをする」のが仕事。

つまり、天底でのポジションを枚数を変化させてキープしています。

これが本当の私のトレードです。

オセロゲームのようなトレード方法ですね。角を取る。

後半はドル円のデイトレードが良かった。

前半は大した動きもなく、利幅も伸びなかったドル円ですが最後の下落が美味しかったですね。

また時間戦略と値位置で売り、時間で反転を取りました。

どこで売りポジションを利食いするかが悩みどころでした。しかし天底は分かりますから、底値から数PIPSの値位置で全て利食いし、その後は完全に買いに切り替え、10PIPS位を取っています。

売り場からは70PIPS程度下落しました。下落中はもちろん、戻り売りポイントで売り増しています。

やり方は人それぞれ。

これは私のトレード戦略です。やり方は人によって違いますので

真似してほしいとも思いません。

順張り派の方は、途中から入って、戻って来てから利食いするのでしょう。

それはそれで良いのではないでしょうか。

天底が分かってしまうのでどうしてもそこで売買してしまうというだけの事です。

デイトレード手法は2つある。

この(オリジナルの)デイトレード手法を学ぶのに、2つオススメ教材があります。

デイトレードの教材

この手法では毎日エントリーポイントがあり、更にどこまで伸びるか?という目標値も高い精度で分かります。

  1. ○(丸)で囲んである辺りがエントリーポイント
  2. 目標値は下向きに引いてあるライン

丸と下向きのラインに注目して見てみて下さい。

audjpyh1
audusdh1
gbpusdh1

如何でしたでしょうか。オージー円、オージードル、ポンドドルの1時間足です。※2016年3/14-15の月曜日火曜日

今週は月曜日オージードルが、火曜日はポンドドルが特に「下落するなあ・・・」と朝チャートを見た瞬間に分かりましたが(その理由は簡単なのでまた後で)、少なくともこのように”よく動く”市場であれば、より簡単に売れます。

このデイトレード手法のポイントその1;〇を付けた値位置から売る(エントリー)

まさに〇を付けたところが絶好の売り場でした。

つまり、エントリーは値位置です。

そして「大野が考える現在最強のデイトレード手法」と呼んでいる手法は1~3まであり、1では時間を利用します。

このタイミングこそが、肝なのです。

動かないところで売買しても仕方がないですし、動くタイミングを掴む必要があります。

取れる値幅はひとまず置いておいても、エントリーするのに適したタイミングを明確にしています。

つまり、エントリーは値位置と時間。

デイトレード手法のポイントその2;目標値で利食いする(エグジット)

下向きに書いてあるラインの止まったところ、それぞれが目標値です。

  • 目標値へ達すると、戻る。
  • 大きく動く市場では、最大の目標値まで売る事が出来る。
  • 動かない市場では、細かな目標達成で終わる。

それがまず、大前提です。

だから、持ち合いでも問題ないですし、上のように伸びる市場だとより良いですよね。

関連する手法 極み

極み」と名付けた目標算出法です。開発には非常に苦労を重ねました。

→「極み」について詳しくはこちら

大野が考える現在最強のデイトレード手法

残り個数限りです。



現在のキャンペーン

キャンペーン詳細 →お勧め商品/キャンペーン
☆入会ポイント500円分+5%分のポイント進呈中☆

メール講座

投資の基礎はタダで学べ。メール講座とライントレーダーズ通信』を配信しています。