ギャンリトレースメント+ファン応用

ギャンスクエア・ギャンファン・ギャンリトレースメントのまとめ

ギャンスクエアというのは、ギャンファンとアーク、そしてギャンボックスが合体したようなツールです。

Tradingviewのギャンスクエアは2つあります。「固定ギャンスクエア」と「ギャンスクエア」。この2つの違いと、「ギャンファン」の違いについて確認しましょう。

固定ギャンスクエアとギャンファンの違い

固定ギャンスクエアとギャンファン

このチャートの薄い色の斜めのラインと、円弧、そしてボックスのように上下左右に区切られている直線を全て合わせて
固定ギャンスクエア」というツールになっています。

よって、これ一つ引いておくだけで3つの効能があるわけですね!非常に便利です。

何が固定、なのかと言うと、自由に動かす事が出来ず、右斜め上にしか動きません。

別の言い方をすれば「斜め45度に一発で引ける」というのが固定ギャンスクエア。
そのため、 基本的なギャンファンを引きたい時に重宝します 

従来はギャンラインまたは角度のあるトレンドラインというツールを使って、45度を計り、それに合わせてギャンファンを引く事で、基本的なギャンファンを引く事が出来ました。

しかしながら、それでは2度手間ですし、そこまでする必要があるのか?という事になり兼ねません。

この固定ギャンスクエアを使えば、何の苦労もなく斜め45度のギャンファンを引けると同時に、フィボナッチアークのような円弧を同時に引けます。さらに、(数値設定不可など)自由度はありませんが、ギャンボックスのような上下左右の区切り(横軸と縦軸のライン)を引く事も出来ます。

一つこれを覚えておくと良いでしょう。

なお、MT4にはこのツールはありません。Tradingviewで使用出来ます。

※MT4にある、デフォルトのギャンファンはラインの角度が滅茶苦茶で使えません。ギャン大事典などで教えている引き方で、正しく引けるギャンファンを使用しましょう!MT4には代わりにギャングリッドがあります。

ギャンファンとは何か?その引き方は?

ギャンファンというツールは、上のチャートでは太線で表したもの。良く反応しているのがお分かりかと思います。

それもそのはずで、この引き方は私が苦労して編み出した「オリジナルの引き方」だからです。

これまで2度手間で引く度に苦労していた斜め45度のラインを引くまでもなく、
このオリジナルのギャンファンの引き方をすれば、一発で機能するギャンファンが引けます!

さらに、斜め45度のギャンファンでは問題があった「スケールを変えると機能しなくなる」という事態も発生しません。一度引けば、ギャンファンを抜けるまで機能し続けるのがこの引き方です。

 押し目買いをしたい、天底近くで買いたい、トレンドの切り替わりを察知したい、という要望にはこのオリジナルのギャンファンで応えられます。 

固定ギャンスクエアとオリジナルのギャンファンはどちらが良いか?

固定ギャンスクエアでは先ほどの通り3つのツールが重なっていますので、「斜め45度のギャンファンとオリジナルの引き方のギャンファンはどちらが良いか?」と置き換えてお答えすると、

オリジナルの引き方のギャンファンの方が利便性が高いでしょう。

なぜなら、例えば日足から週足へ、週足から4時間足へ切り替えただけでラインとローソク足の位置関係が変わってしまう斜め45度のギャンファンよりも、常に機能し続ける(ずれない)ギャンファンの方が圧倒的に利便性が高いからです。

そして、それが故にかは分かりませんが、より高値安値に機能するのもまたオリジナルの引き方のギャンファンです。おそらくは私以外の誰かも同じ方法を利用されているのではないでしょうか。直近10年間もそうですし、過去検証をしてもやはりよく機能しています。

どちらかを引くならオリジナルのギャンファン、まだ足りないと思えば斜め45度のギャンファンも足せば良い。

このように考えています。

そして、斜め45度のギャンファンは引く時に苦労し、その後もラインがずれますのでご注意下さい。

ちなみに、固定ギャンスクエアもラインはずれます(笑)。ローソク足の太さも時間軸もそのままで、何も変えなければ使えなくはありませんが、少しスケールを変えただけで全く違うラインになります。

私の場合、固定ギャンスクエア自体は使いません。

※ラインがずれてしまっては引く意味がないからです。次のものを使えば、ずれません。

ギャンスクエア

ギャンスクエアその1

固定ではないギャンスクエアです。こちらのツールは例えばこうやって”ある一定のルールに基づいて”引いた後、コピーして使うのがオススメ。

毎回適当に引いてはダメですよ(笑)。機能する引き方は4つありますが、その内の一つがこれです。

そして、コピーしたら次のようになります。

ギャンスクエアその2

次のシーンでも同じように機能する、というわけです。

この市場のボラティリティや、値が動くタイミング・時期が”同じサイクルを繰り返す”のであれば、次のシーンでも機能するはず。このような理由で、過去で機能していた大きさのギャンスクエアをコピーして使います。これが一つの、実際の相場で使えるツールの使い方ですのでご紹介しておきます。

さて、ここから先はご自身で考えて頂くか
または最新動画「gann-trading ギャンスクエア・ファン・リトレースメントのまとめ」をご覧下さい。

ギャンスクエアの4つの機能する引き方と、ギャンファンのオリジナルの引き方、そして固定ギャンスクエアの使い方、ギャンリトレースメントの使い方が学べます。

動画「gann-trading ギャンスクエア・ファン・リトレースメントのまとめ」

ギャンリトレースメント+ファン応用

ギャンリトレースメント+ファン応用

この動画では

  • ギャンスクエアの4つの機能する引き方
  • ギャンファンのオリジナルの引き方
  • 固定ギャンスクエアの使い方
  • ギャンリトレースメントの使い方
  • 各ツールを合わせて行うトレード方法
  • TradingviewとMT4で同時に機能するファンを引く方法

などについて学べます。これまでの動画教材の内容を最新アップデートしてまとめ直しました。

ギャンスクエアの使い方に関しては今回初登場となりました。

 

勝ち方実戦編フリーパスプランではこれまで100個以上の動画をアップロードしてあり、動画は追加されて行きます。その最新動画シリーズです。

今後も新しい使い方があれば、追加でご紹介して行きます。

 

「FIBO&GANNライントレードマニュアル」にもこのシリーズを追加ました。

 動画教材25本をまとめた新しいセットです。 

どの教材が良いか?と迷われる方が多いので、全ての単品動画教材を含めたセットを作成しておきました。

ただし実戦編のメンバーとは違い、これまで沢山の動画で順番に学んで来ていない方に向けてのセットなので、

「WEBマニュアル」のサイトを作成して基本から分かり易く説明してあります。

ギャンファン・ギャンリトレースメントなどの教材

  1. 一番詳しい教材「勝ち方実戦編フリーパスプラン
  2. ギャン大事典
  3. 新セット「FIBO&GANNライントレードマニュアル

その他のツールの解説はこちら

フィボナッチとギャンのトレードまとめへフィボナッチトレードとギャントレードのまとめ【新動画】

 



現在のキャンペーン

Winter Sale2021開催中 対象商品が10%オフ!2021/11/17-2022/1/5

キャンペーン詳細へ →お勧め商品へ
☆入会ポイント500円分+5%分のポイントも進呈中☆

投資の基礎はタダで学べメール講座」好評受付中!
≪1か月間の基礎・応用・勝ち方講座無料≫

ライントレーダーズ通信」もご一緒にどうぞ。
«相場分析記事・コラム・マインドセット講座同時配信中»