rikutu画像

理屈が分からなければ値動きは分からない。

今日のコラムは『値動きの理屈』について 。

こんにちは。スリースタータードットジェーピーの大野です。

もう記事を書き始めて4・5年になります。

ずっと実際の値動きを相場解説してきました。経済の状況というよりも、

『ライントレードでどう見るか?』を配信しています。

動画教材も複数出していますが、どれも実際の値動き

多くの場合、動画中で言った通りの展開がその後訪れています。

 

問題はそれは勘ではない。という点にあります。

理屈があり、その「理屈に沿って話しているだけ」です。

確かに、時々はそういう部分も出てしまいますが(笑)。次のチャートをご覧下さい。

JP225CashH1

JP225CashH1

US30CashDaily

US30CashDaily

我々ライントレーダーが、売買するところというのは決まっています。

インジケーターで売買されている方には分からないポイントですが、

この丸を付けたところです。

 

分かるのは、天井、底。戻り売りポイント、押し目買いポイント。

ブレイクのタイミング。ほとんどそれだけです

が、それで十分です。

値位置から値位置へ値は動くので

値位置から値位置へ売買しますし、

買い場と売り場エントリーポイントとエグジットポイントが知りたいだけですから。

 

ライントレード手法は幾つもありまして、どれも不思議と機能します。

どの手法も、私が開発したものなので他では聞く事が出来ないでしょう。

十数年研究し、幾つもの値動きの理屈を発見しました。

 

それぞれの理屈を知ると値動きは、

はっきりスッキリ(笑)よく分かります 😛 。

 

特に、最近教えている「日、週、月、年のフィボナッチ手法」は恐ろしいほどに値動きそのもの

ですが、以前から教えているフィボナッチの手法も抜群に昨日も今日も機能しています。

それが上のチャートで描いた、戻り売りポイントやターゲット

 

「汎用的なフィボナッチ手法」、としましょう。

汎用的な手法と、日、週、月、年のフィボナッチ手法が全て分かると…

 

値動きは、かなり深いところまで分かります。

逆に、これが分からないと

トレードは非常に難しいのではないでしょうか。

 

例えば、戻り売りポイントはどうやって見つけますか?

 

戻り売りポイントを見つけるには?

戻り売りポイントを知るにはまず、

上がるか下がるかが分かり、次に

どこまで上がり下がるかが分かった時に初めて

丁度良い売り場が分かります。

 

つまり、下げるという大目標があり、一旦の戻りがあります。

理屈として戻りが必要なので戻るわけですが

「戻る値幅や値位置を判別出来る」のなら、戻り売りポイントでは売れます。

 

下落する前提の上で、どこまで一旦戻るか。

これを判別する方法は幾つもあります。ですので、

販売している教材も幾つもありますが

  1. 戻る割合
  2. 細かな時間軸での上昇目標値
  3. 重要な値位置の存在

大きく分けてこの3つ。

 

同じ時間軸で割合のセオリーで見るか、

一つ小さな時間軸で目標値を算出する。

または、重要な値位置の反発やブレイクを見る。

 

この3種類の方法で、戻り売りポイントを割り出す。

または、全て使ってさらに精度を上げてピンポイントで

エントリーする事も可能です。

 

もしも、値位置のセオリーをどれも知らないなら

何円何銭が売り場なのかも知らないで山勘エントリーになるでしょう。

それは流石に、怖すぎる気がします。

 

US30CashDaily

もう一度このチャートを見て下さい。

なぜここで売りなのでしょうか?

そして、沢山引いてある水平線は何の意味があると思われますか?

 

値位置のセオリー。

それは複数あり、値動きは成り立っています。

ですが、どれもがマッチするポイントはより成功率も高い。

だから、私はここで売っています。

 

勉強するのは恥ずかしい事ではない。

勉強する事は恥ずかしい事ではありません。

値動きを理解するには数年では全然足らないからです。

一生掛かるでしょう。

いや、一生掛かっても無理かもしれません。

 

ですが、自分で研究すれば十年以上掛かる内容も

動画教材で勉強すれば数時間~数十時間です。

先人の書いた本もあります。

 

私も勉強を続けるし、あなたもトレーダーなら

勉強し続けるしかありません。

ただ、私が勉強するのは「チャートから」がほとんどです。

 

全然関係ない話

脱線しますが、物事の裏にある真実を突き詰めて考えるのが私は好きです。

rikutu画像

 

小学校の時、『星の絵を描きなさい』と先生に言われました。

そこで私は惑星のリアルな姿を描写しましたが、ビンタされました(笑)。

その教育もどうかと思いますが、理由は

「☆」この星ではないから。

 

子供のくせに可愛くない、という事なのでしょう。

星と言えば、本来は惑星でしょう?違いますか?

 

「本当はどうなのかなあ」と何事に関しても常に考える。

カッコイイ言い方をすれば、『物事の本質を捉える』のが得意(好き)。

ですので、チャートの中にある本質を探してきました。

 

「この上げの理由が何かある」「時間のセオリーが何かある」

値動きに共通するパターンを研究し、地道な検証によって確証に至る。

その繰り返しで、幾つもの値動きの理屈が判明しました。

 

「一般のトレーダーが知らない秘密があるはずだ!」

その多くのトレーダーが抱いている相場に対する疑惑を、

あくまで純粋に追求し続けて来たという事です。

 

一つ一つ探り出して解明してきましたが、早十数年が経ち

そして、辿り着きました。幾つも幾つも。そう。

 

秘密は…大いにあった(笑)。

 

沢山あった、という事です。値動きは様々な理屈で動きますが、その中でも

私が開発したこれらの手法は、あまりにも精度が高いですよ 😛 。

天底、押し目、戻り売りポイント。全て分かります。

それらが正確に分かる手法は結構少ないようなので、オススメです。

こちらをご参考にして下さい。

段階・目的別投資教材の選び方はこちら

 

そして、基礎から始めるなら…

それではまた。

何かのお役に立てたのなら幸いです。

オススメ!

■サイト「投資の基礎はタダで学べが好評です。月間3000人以上が利用中!

投資の基礎はタダで学べメール講座」も好評受付中です。
≪1か月間の基礎・応用・勝ち方講座無料≫

ライントレーダーズ通信」もご一緒にどうぞ。
«相場分析記事・コラム・マインドセット講座同時配信中»