技術で悩みは解決するのか?

トレーダーの5つの悩み技術=テクニック。

テクニックで悩みはある程度解決する事が可能です。

今回は「テクニックでなぜ悩みが解決するのか?」という話です。

【関連記事】

また、「トレードの悩み」について先日からアンケートを取っています。

アンケートとクイズに答えると、それぞれ違う動画が視聴出来ます。

その1つについてはページ下で解説しています。

トレード手法で悩みが解決する。

なぜ、技術やテクニックで、トレード手法で悩みが解決するのでしょう。

そもそもトレード手法とは何でしょうか?

  • どこでエントリーし、どこでエグジットするのか。
  • 何枚買って、何枚利益確定するのか。
  • 上げと見るのか、下げと見るのか。
  • どの期間で、どの市場で取引するのか。
  • どんなシチュエーションの時にエントリーするのか。

これらの事を予め、今までの検証結果から決めておいて

分かり切った事を、継続して行う方法です。

トレーダーの悩みはこの5つ。

アンケートで多かった悩みはこの5つに絞る事が出来ました。

  1. 損切りが難しい。(損切りの位置が分からない。損切りに掛かる。損切りが遅い。損切りが大きい。)
  2. 利食いが難しい。
  3. レンジとトレンドの違いが分からない。(伸びるのかレンジなのか。)
  4. 資金管理が難しい。
  5. エントリーが難しい。

トレード手法と5つの悩みの解決方法

損切りが難しい。と言いますが、損切りの位置は予め決まっています。

利食いの位置も。エントリーの位置も。

前もって決まっている事をただするだけなので、難しくはないのです。

 

ですので、トレード手法が身に付いていれば

この様な悩みを抱く可能性は極めて低くなります。

トレード手法とは、どのような時にどこからどこまで売買するのか。

売買する理由と、その方法(売買タイミングなど)です。

 

レンジとトレンドの違いが分からない。と言いますが、

分かります。高値安値、値位置、特に目標値をブレイクしたか、戻したか。

戻したのであれば、前のラインはどこか。他市場の状況はどうか。

をチェックすれば、レンジになる手前である程度見抜く事が可能ですし

要するにレンジ域をブレイクしたかをチェックする必要があります

 

資金管理は様々な事が絡み合ってきますので複雑ですが、

損切り位置と利食いポイントが幾つか決まっていて、そこに置ける枚数は幾つか?

を計算すれば「どれ程のリスクを負うべきか」に対する答えは出ます。

 

つまり、テクニックのそれぞれをトレード手法と呼べるまで完成させておけば

上の5つの悩みは無くなります。

逆に、トレード手法が自分なりに腑に落ちておらず、完成していなければ

常に悩みながらトレードを続ける事になります。

現状がそれであれば、何をすべきかも分からず右往左往する事になるでしょう。

 

トレーダーの悩み 技術的な解決方法

トレーダーの悩み 技術的な解決方法

トレーダーの悩み 技術的な解決方法 36分24秒

トレーダーの悩み 技術的な解決方法~実践裏~極意編

トレーダーの悩み 技術的な解決方法~実践裏~極意編 45分12秒

これらの動画を新動画として追加しました!

→勝ち方実戦編フリーパスプラン

2つの動画があるのはトレード手法は幾つもあるから、ですね。

 

  1. 昔から教えてきたフィボナッチとギャンを使った手法の
    一番洗練されたものが勝ち方実戦編にはありますが、そのまとめ。
  2. 勝ち方実戦編でしか教えていないライントレード手法のまとめ。

どうしたら悩みを抱えているトレーダーを救えるのか?をここ半月くらいずっと考えていました。

その答えは、これです。

メルマガ読者のために、下に実際の現在の相場について載せておきます。(このメルマガは相場分析とコラム、このサイト記事、マインドセット講座が届く、ライントレーダーズ通信というものです)

ここは相場分析のサイトではないので、配信が終われば消してしまうかもしれませんが

「トレーダーの悩み技術的な解決方法」やその他の動画も、実際の相場を使って作っています。つまり、現在の市場の展開がそれにふさわしい時に作成するわけです(笑)。

タイミングを待つのが、難しかったりはします。

そして、こういう動画や相場分析動画ではきちんとお話してあっても

相場分析ブログの配信では適当だったりします(笑)。すみません。

ちょど今、日経平均が予定通り上げているところなので、この下に少しだけ載せておこうと思います。

手法についてのイメージも湧きやすくなるでしょう。

トレーダーの悩み 無料お試し版

トレーダーの悩み

トレーダーの悩み(無料お試し版) 43分33秒

この動画は無料お試し版で、「トレードに関するクイズ」に答えて頂くと視聴出来ます!

→勝ち方実戦編フリーパスプランのメンバーももちろん視聴出来ます。

 

以上、様々なお悩みを送って頂きありがとうございました。

動画解説プレゼントや新動画にて、代えさせて頂きます。

それではまた。

 

実際の相場においてのイメージ(極意編)

「トレーダーの悩み 技術的な解決方法~実践裏~極意編 45分12秒」の中では

ドル円、ユーロドル、NYダウ、日経平均などが出てきます

jpn225日足

jpn225日足

MT4で画面をキャプチャすると、上端が切れてしまうので今回は手動で(笑)切り取りました。

相場分析ブログで配信した丁度上辺に来たところです。

なのですが、有料の相場分析動画「月間展望」や上の動画などで説明しているのは

全く違うのですね。

jpn225日足

jpn225日足

まず、今年始まってからの持ち合うエリア。

ここをブレイクしたのが5月です。

ですので、そこから目標へ向かってあげています。

※ちなみにこの底で私は買っています

今は、青いラインの一つを突破しているので

割と簡単に伸びやすくなっている状況。

一つ目の青いラインは20045。次が20542。

最初の方のチャートを見てもらうと、今度はもっと小さな時間においての目標が見えてきます。

今週の上げが始まった時点で、目標値で反落しない限りは買いが継続する。

この時、もちろん損切り位置も決まっていれば、利食いするポイントも決まっています。

どこでリスクを軽くするのか?それはなぜか。トレードには理由が必要です。

値位置をブレイクしているから。またはブレイク出来ずに反落したから。

昨晩、NYダウもSP500も、ナスダック100も結構上げています。そうすると、

明けた今日。日経平均は朝から伸びているというわけです。

これが

「トレードに関するアンケート」

などでもほとんどの方が選ばなかった「高値で買って、さらに高値で利食いする」です。

これが出来ないから、買い逃す。

 

どこが持ち合いで、どこから上が買いで、今はブレイクしているのかしていないのか。

他市場の状況はどうか。損切りはどこで、利食いはどこか?

トレード手法は常にシンプルなのです。

 

この勝ち方実戦編の手法においてもそうです。

 

また、勝ち方実戦編の相場分析動画展望では

「この状況がさらに大きな目で見てどうなのか」をきっちりとご説明しました。

それも分かっていれば、さらに悩みは無くなるでしょう。

 

以上です。ぜひこのプランへ参加して

他の市場(FXもありますよ)についても考えてみましょう!

→勝ち方実戦編フリーパスプランはこちら