1分足トレードで空き時間にお小遣いを。

1分足トレードは1・2時間で出来る。

1分足トレードについて話して行きますね。難しくないのでご安心ください。

トレードにも様々なやり方がありますが、今回の新動画はその中で最も短期トレード。すべき事は、『これから15分~1時間先の値動きを読む』。それだけです。

長い時間を掛けてトレードをする事も可能ですが反転する可能性も高くなり、何よりも数時間以上緊張するのは疲れませんか?(笑)

1分足トレードは空き時間に出来る。

1分足トレードの場合、仕事の空き時間に気が向いた時にパパっとトレードをして、それで終わりです。

その後どう動こうがどうでも良いし、分かり易ければまたやればいい。

1分足トレードは生活スタイルに合わせやすい。

仕事から帰ってきて、寝るまでにどれほどの時間をトレードに割けるのでしょうか。

また、

仕事中にご自身のポジションに気を病んでいる場合でしょうか。

来週、値が飛ぶ事を心配して週末に楽しめないとしたら、それも問題ですね。

それらの悩みを一気に解決するのが『1分足トレード』です!

動画『1分足トレード』について。

こちらがデモ動画です。LESSON39は『1分足トレード』。

勝ち方実戦編で視聴出来ます!

この動画の売買サンプルでは撮影しようと思った日の中でも、

一番難しいタイミングを狙ってトレードをしました。

1分足トレード例 ドル円(USDJPY)

USDJPYM1-800
1分足

簡単なタイミングの方が自分としてはありがたいのですが(笑)、

いつでも出来るのですよ、という事を伝えるにはその必要がありました。

1分足トレードは、空き時間に1時間程度あれば出来るトレードスタイル。

例えば2・300万円でトレードした場合なら

気負わずにやれば、2万~5万程度は毎日お小遣いを得られるでしょう。

リスクに対してシビアな方(かた)で、この動画以前のLESSONも理解されていればですが。

そのやり方がこの動画です。

もちろん、チャンスは一日何度もあるのが普通です。

トレードに割ける時間が1時間以上あるのなら、もう少し頑張ってみても良いかも知れません。

日常生活をトレードで潰すのはあまりオススメ出来ませんが。

MT4のフリーズに注意(笑)

1分足トレードの注意点はフリーズですね。

特に、インジケーターを入れすぎたり、またはパソコンのスペックが低かったり、チャートを10数個も同時に表示させているとフリーズしやすいです。

それがMT4(笑)。

スプレッドが大きいと厳しいですね。

スプレッド(買値と売値の差)が大きすぎると、1分足の値幅では厳しい。

出来れば、ドル円かユーロドルか。海外FXではクロス円もスプレッドが広い事があります(国内ならOK)。

海外なら、そしてCFDならTitanFXなどが良いでしょう。CFDでもレバレッジが500倍。XMでは100倍なので、CFDでレバレッジを上げるならTitanFXの一択。

FXではXMでも良いですし、国内ならクリック証券とか、楽天証券でも可。ただし、楽天証券の場合はスリップページが頻発します。その点はクリック証券の方が無難。

資金効率を上げるには海外の方が良いと思いますよ。

ただし、次のようなケースには気を付けましょう。

大金を狙うより、堅実に。

昔、私のところに10万円の余剰資金もない方が『1億円にしたい』という相談に来られましたが当然、

無理ですよとお話しました。(笑)

何倍にするつもりなのでしょうか。

夢を見るのはもうやめにしましょう。

10万円を1億円にするのは現実的に無理ですが、2・300万程度を使って、1時間以内に2万~5万程度稼ぐのは容易です。

逆に言えば、1億円を使って1時間以内に100万円を稼ぐのも。

ですが、100万円で1億円を稼ぐのは難しい。

それが相場です。

資金の方が稼ぐ金額より、元々多いのです。

既にあるものを使って、少し増やすのは簡単。

何もないのに、増やす事は出来ないのです。

だからもしあなたに、生活に必要なお金以外に余っているお金(無くしても後悔しない金額)が幾らかあれば、それを使ってお小遣いを稼ぐのは容易です。

空き時間1・2時間程度で資金の1%~2%。

この程度は難しくありません。

これが現実的な線です。

分析に1時間、タイミングが良ければさらに短く。

安全にトレードを進めるコツは、分析の方に時間を掛ける事です。

実際にトレードをするのは一瞬。それ以上に分析に時間を掛ける。1分足トレードだと、タイミングが良ければ数分で分析も終わります。

ただ、暇になった時間がトレードすべき時間でなければ1時間程度は待つ事になるかもしれません。

実質、2・30分程度集中すれば良い。

トレードに入ると、1・2時間程度掛かると言いましたが

実際は15分とか、30分程度見ているだけです。

他の事を済ませて、お茶を飲んだりリラックスしながら

その重要な15分~30分だけは集中して売買をします。

エントリーの時間、エグジットの時間。

実際に何かをするのはそこだけで、その他の時間は確証を得るための分析に過ぎないからです。気に病む時間でも緊張する時間でもない、という事です。

それではまた。

P.S.

1分足トレードは「大野が考える現在最強のデイトレード手法3完結編」でもご紹介した、短期トレード手法です。こちらのテキスト教材も是非読んでみて下さい。

今回ご紹介した、動画「1分足トレード」は勝ち方実戦編で視聴出来ます!

USDJPYM1-800
1分足

また、書き洩れましたが、これらの手法は特殊なフィボナッチの理論を使ったライントレード手法です。移動平均線は売買の段階において、特に意味はありません。

関連記事;30分足トレードについて。

1分足トレードと30分足トレードはセットで覚えましょう。

少し大きな値動きでは30分足でトレードした方が楽ですし、一気に値幅が取れて良いので。→30分足トレードについてはこちら

この手法では毎日エントリーポイントがあり、更にどこまで伸びるか?という目標値も高い精度で分かります。

  1. ○(丸)で囲んである辺りがエントリーポイント
  2. 目標値は下向きに引いてあるライン

丸と下向きのラインに注目して見てみて下さい。

audjpyh1
audusdh1
gbpusdh1

如何でしたでしょうか。オージー円、オージードル、ポンドドルの今週3/14・15の月曜日火曜日の1時間足です。

今週は月曜日はオージードルが、火曜日はポンドドルが特に「下落するなあ・・・」と

朝チャートを見た瞬間に分かりましたが(その理由は簡単なのでまた後で)、少なくともこのように”動く”市場であれば、より簡単に売れます。

このデイトレード手法のポイントその1;〇を付けた値位置から売る

どこまで売れるのか?なぜそこから売れるのか?についてはチャート上からラインが消してあるので、分からないでしょう。目標値を算出し、後でそれを消したのがこのチャートだからです。

しかし、まさに〇を付けたところが絶好の売り場でした。

デイトレード手法のポイントその2;目標値で利食いする

下向きに書いてあるラインの止まったところ、それぞれが目標値

  • 目標値へ達すると、戻る。
  • 大きく動く市場では、最大の目標値まで売る事が出来る。
  • 動かない市場では、細かな目標達成で終わる。

それがまず、大前提です。

だから、持ち合いでも問題ないですし、上のように伸びる市場だとより良いですよね。

これが「極み」と名付けた目標算出法です。開発には非常に苦労を重ねました。

→「極み」について詳しくはこちら

次に、なぜ丸のところから売るのか?(エントリーポイント)

それが「大野が考える現在最強のデイトレード手法」と呼んでいる手法です。

このタイミングこそが、肝なのです。

動かないところで、売買しても仕方がないですし、動くタイミングを掴む必要があるという事です。値幅はひとまず置いておいても、エントリーするのに適したタイミングを明確にしています。



現在のキャンペーン

キャンペーン詳細 →お勧め商品/キャンペーン
☆入会ポイント500円分+5%分のポイント進呈中☆

メール講座

投資の基礎はタダで学べ。メール講座とライントレーダーズ通信』を配信しています。