レイバーデイ前後の売買戦略(9月以降に便利な手法)【FX・CFD】

レイバーデイ(レイバーズデイ、Labor day)前後の変化は重要

レイバーデイというのは米国の祝日で、9月の第一月曜日です。この前後で値動きが変わる事がよくありますので、今日はこのタイミングにピッタリのトレード手法をご紹介します。

まずはドル円を例に少し深掘りして、これまでどのような変化があったのかをチェックしてみます。

ドル円日足 2017年~2022年
ドル円日足 2017年~2019年
ドル円日足 2017年~2022年
ドル円日足 2020年~2021年

上のチャートをクリックすると全体像が見られます。

青い縦線がレイバーデイ。2020年以外では、次のような変化がありました。

  1. 持ち合いから急に大きな値動きになった
  2. 下落が上昇に転じた

確認しておいて下さい。

この記事を書いているのが2022年の8月20日。2022年は9月5日がレイバーデイなので、間もなくそのタイミングがやって来ます。さて、どうなるか?楽しみですね。

関連記事『レイバーデイの売買戦略~8月後半から9月前半は注意が必要!』

レイバーズデイ(labor day)以降の相場に役立つトレード手法

今回の話の主題はこちらです。

海外のトレーダーの夏休みが明けて、相場に戻って来て、値動きが大きくなった時に
どのようにトレードしたら良いか?

丁度このタイミングに役立つトレード手法があります。次の日経平均先物チャートで確認してみましょう。

日経平均とレイバーデイ2021-2022
日経平均とレイバーデイ2021-2022

当サイトの前回記事『テクニックだけでトレードは出来る|テクニックオンリートレード』でご紹介したトレード手法がこれで、「年内の売買ポイントが3倍になる方法」という動画です。

年内の売買ポイントが3倍になる方法
年内の売買ポイントが3倍になる方法

ただ、この手法を知らないなら

今この瞬間のナスダックも日経平均もドル円も、この値位置で動いている事にすら気が付かないでしょう。

テクニックだけでトレードは出来る|テクニックオンリートレード

このように前回記事に書いたように、この手法を知らないのなら

なぜ日経平均が、2021年から2022年にかけて現在のボラティリティで動いていて、何度も何度も戻っては進んでいるのかが分からないでしょう。

上の図で確認してみて下さい。

新動画!「レイバーデイ前後の売買戦略」

レイバーデイ前の売買戦略~前哨戦~
~前哨戦~
レイバーデイ後の売買戦略~本戦~
~本戦~

勝ち方実戦編フリーパスプランで視聴出来ます!29分

レンタルまたはフリーパスプランで視聴出来ます

まとめ

レイバーデイ明けの値動きだけが重要なわけではなく、その後(上の日経平均では1年間も!)までボラティリティやターゲットや買い場創出などに役立つトレード手法だという点にご注意下さい。

たまたまレイバーデイ前後に丁度良い手法なので、この話と絡めてご紹介しました。前哨戦(6分51秒)+本戦(~29分17秒)の新動画です。

なお、単体レンタルも出来ますが、これだけを観ても前提知識が無ければ意味が分からないので、前述した動画を同時にレンタルするか、勝ち方実戦編フリーパスプランで全ての動画(現在121個、3日と8時間の大容量)をご覧下さい。



現在のキャンペーン

☆入会ポイント500円分+5%分のポイント進呈中☆
キャンペーン詳細はこちら

オススメ!メール講座とメールマガジン』で資金管理のマジックなどをプレゼントしています!

サイト「投資の基礎はタダで学べ」も好評です。月間1000人以上が利用中!