利益の方程式

今日は『利益の方程式』

という事で

利益を上げ続ける人と、儲けても損をしてもどちらにしても

相場の世界から消えて行ってしまう人との違いについて。

丁半博打になってしまうのはなぜか?

丁半博打になってしまうかどうか、というのはまず、値幅と金額の規模の差。

値幅にふさわしい金額でやっているか。

上げか下げか?を当てれば勝てる?

相場は、上げと下げを繰り返しています。

「丁度、上昇するタイミングで買ったとしても必ずしも勝てるわけではない」という事を知っているか知らないか。

上げに賭けるか、下げに賭けるか?

これを、いつも同じ割合の金額でやっている限り、丁半博打になりかねないという事です。

利益の方程式

この動画の公開期限は終了しました。

投資の基礎はタダで学べ。メール講座」でご覧下さい。

次のFXの方程式はご覧になれます!

 

『FXの方程式』

シリーズ3部作なので、残り2つも無料講座でご覧下さい。無料講座はこちら

この動画はFX独自のルールと特徴とは何か?
という内容になっています。

気軽に出来る分、難しい面もあります。

特に、これらが問題点となるでしょう。

FXの特徴と問題点

  1. 上げ下げは自由。株とは異なる。
  2. 取引が24時間。手数料が少ない分、動きは煩雑。
  3. 株価指数や先物の影響を色濃く受ける。
  4. 時間帯によって、動きが決まってくる。
  5. 取引可能な市場が限られるので、選ぶのが簡単。
  6. チャートシステムが整っている。
  7. 長時間見ていられるので、急変時も安心。

特徴に過ぎない、と思われるかもしれませんが

問題点、と書いたのには理由があります。

これらの特徴を掴んでいないと、非常に困惑するでしょう。これら特徴にはデメリットがあります。

このデメリットを理解していないと・・・

残念ながら無駄な売買を繰り返すだけでなく、無駄な損失を計上する事になります。

 

FX独自の特徴はメリットにもなり、デメリットにもなります。

しかしながら、それにふさわしい売買スタイルであったり、少なくともそれを理解した上で取引をする、何らかの「措置を取る」のであれば
FXのメリットを十分に活かして、ご自身の生活スタイルに合わせたトレード、サラリーマン(デイ)トレーダーという事も実現可能です。

『リスクの方程式』

リスクの方程式リスクの方程式、という動画は無料でご覧になれます。

理論、理屈が上手く使えないというケースについて考えていて動画にして配信すべきかな、と思い立ち、お届けする事にしました。

 

お伝えしている理論をきっちりと使うためにも

やはり、リスク管理だけはしっかりとやっておきましょう。

解説;リスクの方程式

10を狙って、5マイナスになるくらいなら、1のプラスを得ましょう。

結論から言えば、そういう事です。

1は後から買い増せば、2にも3にもなります。

しかし、5マイナスは繰り返せば、10マイナスにも20マイナスにもなります。

 

幾ら大きく利を得るつもりでも、根本からトレードを崩すくらいであれば

1のプラスを得るべきでしょう。

 

150万円の損失に耐えられる人であれば、何の問題もないのです。

ただ、そうでなければ

それでも全く気にならない、という方以外は、耐えられる損失を許容すべきではないでしょうか。

  1. 損切りに到達した時、到達しそうな時、ショックを受ける。
  2. ポジションを持っていると気になって仕事中でも、どうしてもチャートを見てしまう。
  3. ハラハラ、ドキドキが止まらない!

という場合は、この問題を抱えている可能性があります。

 

損失をある程度許容しなければ、トレード自体が成り立ちません。

それはそうですが、満足のいくトレードをするために一つだけ、問題があります。

 

その損切りは、あなたが”本当に”耐えらえる金額ですか。

 

詳しい話は動画でご覧下さい。

動画「方程式シリーズ」

「リスクの方程式」、「利益の方程式」などの公開期限が終了した動画も

投資の基礎はタダで学べ。メール講座」でご覧になれます。

その他動画も多く視聴出来る、1か月間だけのメール講座です。是非ご参加下さい。

 

※または、勝ち方実戦編フリーパスプランのメンバーサイト
無料ダウンロードコーナーでご覧になれます。

 



現在のキャンペーン

Winter Sale2021開催中 対象商品が10%オフ!2021/11/17-2022/1/5

キャンペーン詳細へ →お勧め商品へ
☆入会ポイント500円分+5%分のポイントも進呈中☆

投資の基礎はタダで学べメール講座」好評受付中!
≪1か月間の基礎・応用・勝ち方講座無料≫

ライントレーダーズ通信」もご一緒にどうぞ。
«相場分析記事・コラム・マインドセット講座同時配信中»