9月雇用統計ドル円

雇用統計の時、どうされていますか?

雇用統計というのは、月初めの金曜日にあるイベントで

為替相場などでは大きな値動きが期待出来ます。この時、

速く大きく動くから怖い…と考えて諦めていませんか。

 

雇用統計は正しく取り組めば、普段の数倍のスピードで大きな利益を運んできてくれるイベントです。

なぜなら、速く大きく動くから。

 

速いから怖い、ではなく、「速いからラッキー」。

慣れればきっと、そう思うようになります。

例えば、今月の雇用統計と先月の雇用統計。

8月は暴騰し、9月は上下に髭を作って戻りました。

8月雇用統計ドル円

8月4日雇用統計ドル円

9月雇用統計ドル円

9月1日雇用統計ドル円

そのどちらにおいても、前もって仕込んでおいた通りに動く事で利益を上げられます。

私はそうしていますし、私に出来るという事は利益を上げている「多くのトレーダーがそうしている」という事です。

8月と9月の雇用統計。

この時、あなたは何をしていましたか?

 

 

この2つのパターン。それぞれ、やるべき事は違います。

  • 8月では、前もって仕込んでおいて、上げ終えたところで利食いする。
  • 9月は「買いと売りを上下に」仕込んでおいて両方を取る。

9月ではその後に売りを仕込んで、雇用統計の派生で翌週の下落も取っています。

窓を開けて下へ飛ぶのは、多くのトレーダーがそれに気が付いているから。

そして、我々が終値で売りを仕込むのは、翌週が売りからスタートするからです。

 

毎月この雇用統計を取る事が出来ればボーナスが毎月入るようなもの

で、トレードを続けていくのが非常に楽です。気も楽ですし、何なら

「雇用統計などのイベントだけをトレードしよう!」などという発想もあり得ます。(笑)

その日のその時間だけをトレードすれば良いわけですから

忙してチャートが見られない人には確かに、良いですね。

 

ただ、8月と9月の例を出したように

パターンが幾つかありますので、この点をクリアしないと安定して勝つ事は出来ないでしょう。

昔からこの雇用統計のシリーズの動画は作ってきました。

 

パターンは複数ありますが、大きく分けると「伸びて戻る、伸びっぱなし」の2つ

ですので、どちらなのかを判断する必要があります。

  1. 伸びっぱなしなら、仕込んだら後は見守るだけ。
  2. 伸びて戻るなら、『伸び切ったところに』仕掛けておきます。※ポイント

 

どこで伸び切るのかは、最初から分かっていますので、そこに指値を仕掛けておきます。

伸びっぱなしの場合は、予め始まる前日または朝の内に仕込んでおいたポジションが

伸びるのを見守ります。

 

どちらも、勝負は始まる前に付いています。

 

始まる前に、どう動くかを考えてあり

それが正しいからこそ、勝てるのです。

これは山勘とは真逆。

『理論』を知っているトレーダーだけに出来る事です。

つまり雇用統計で毎月勝ちたければ、理論を知って下さい。

どう動くのが正しいのか?

値動きの理屈をしっかりと、基礎からマスターした時に

初めて安定した勝率は生まれます。

 

特に、ダウ理論などではなく(それは知っていて当たり前。基礎です)

フィボナッチについての理論を知って下さい。

もし、それをマスターしていれば

毎回のエントリーは

常に正しいところで入る事になるでしょう。

 

リアルトレード第八弾-雇用統計とドル円-パート2

この動画は勝ち方実戦編フリーパスプランで視聴可能です。

※単品レンタル不可。

これらの特典動画について詳細はこちら。

NEW!特典動画一覧ページへ