トレード

トレードにおいて最強のテクニック。

こんにちは。大野です。

これぞ最強と言えるテクニックがあります。

それを今からお伝えしようと思います。

 

usdjpyh1 9/8

usdjpyh1 9/8

チャートをクリックしてご覧下さい。

直近のドル円1時間足を使って手法の解説をしていきます。

大きな流れについては相場分析ブログをご覧下さい。(こちら「ドル円、徹底解剖。」)月足週足レベルの抵抗もこの高値にはあります。

 

では始めていきたいと思います。

天井を付けて下落していますが、下落を始めてからは「どこが下落目標で、どこで跳ねるのか?」が問題でしょう。

 

なぜなら、それ(天底)が分かっていれば、売りも買いも自由自在だからです。

 

ですよね。

上のチャート、ドル円の1時間足には、それぞれの目標値が描いてあります。

のラインと、のラインに分けてみました。

 

は日数に捉われませんが、この時間軸なら大体は数日~数週間で決着が付きます。

はデイトレードです。長くても翌日までには目標値で利益を確定します。

 

背景のない丸(は、そちらの方向の、いずれかの目標値へ到達する事が確定した瞬間です。

つまりエントリーポイントになります。そして、背景のある丸は、それぞれの手法でのエグジットポイントです。

 

このように天底が分かるのだとすれば

的確なポイントでエントリーし、的確なポイントでエグジットが出来ます。

 

もう一つ見てみましょう。9/8の15分足です。

usdjpym15 9/15

usdjpym15 9/15

ここではのデイトレードが役に立つようですね。

1時間足のチャートには見にくくなるので載せてありませんが、実は細かい時間軸で見ると、エントリー・エグジットポイントは幾つもあります。

そしてその時においても、目標値はドンピシャです。

 

ここまで正確にターゲット算出が出来て、エントリーする方向性や入るタイミングも分かり易い手法は例を見ないでしょう。

そして、あなたがこの手法をマスターしたのであればトレードの幅が広がる事は言うまでもありません。

 

少し前を振り返って、4時間足で見てみましょう。

usdjpyh4

usdjpyh4 9/8

この4時間足は先ほどと同じチャートで、時間軸を大きくしたものです。

今までお伝えしたのラインとのラインを総合的に使用した場合だとお考え下さい。

のラインが押し目になっていたり、

の目標値へ達したとしても、最高値はのラインによる細かな目標算出が必要かも?、という事にお気付きになるはずです。

 

そしてもう一つ、ここでは黄色のラインを加えてみました。

これはギャンファンの「最初の上げを買えなかった場合に最高の押し目または戻り売りポイントでエントリーするための引き方」です。

この場合、最後の押し目黄色の丸)。または、最安値から二番目の安値で買う事になります。
上からもギャンファンを引いてあります。そちらは見にくいかも知れませんが
下落を始めたところ黄色の丸を付けてあります。

 

これら3つ()を利用すると、このように複合的なラインで値動きを追う事が出来ます。

最後に、

ものすごくシンプルに売買した場合の話をしてみます。

これまでの手法は、高値安値をぴったりと当てる事が出来ましたが、それよりはアバウトな手法が次のものです。

(とはいえ、値位置で売買するのでインジケーターよりは正確です)

usdjpyh4-kantanfx

usdjpyh4-kantanfx 9/8

同じくドル円の4時間足です。

ラインを出した後、これは消してあります。簡単過ぎて、見るだけで理解出来てしまうと判断したからです。

ご了承下さい。

これは大きな値動きがあった後で機能するという手法です。

その値位置から飛び出すと、その後は目標値等はありません。

安値の持ち合いで、安値・高値と交互に買った後で上ブレイクしましましたが、「利食い設定なし」となります。

高値で持ち合った後、下ブレイクしましたが、今度は今までの上げ幅がありますので、その上げ幅を利用して売買可能です。

少し頼りないように思うかもしれませんが、売買自体は非常にシンプルで簡単です。
持ち合いに強く、時間軸も問いません
(上のチャートで、小さな値幅から大きな値幅へと売買の幅を広げたように。)

ですが、利食い設定もあると良いですよね。

加えてみたのが次のチャートです。

usdjpyh1-mokuhyou

usdjpyh1-mokuhyou 9/8

同じチャートを1時間足にしてあります。

のラインとのラインの目標を追加しておきました。

のラインの手法はデイトレード用ですが、実は安値圏の値位置を利用して、このような大きな流れを算出する事が可能です。

ただし、これは応用としてお考え下さい。この場合は暴騰した日の値位置を利用しています。似たような事が日経平均でも同時進行で起こっており、それは以前の記事で書いてあります。(『フィボナッチを本当に理解しているか?』

のラインでも分かるのですが、より正確に高値からの売りを決めたいのであれば
のラインの手法もマスターしておいた方が良い事が分かります。

ラインを表示しなかった簡単な手法、これは実は消す前はのラインでしたので、
の手法とさせて頂くと、と4つありました。

この正体を明かしたいと思います。

・・・史上最も簡単で、最も正確な読みの出来るCFDとFXの取引方法0.500~フェイクの値幅~

・・・ギャン大事典(3つのギャンファンの引き方の内、「オリジナルの引き方」を使用)

・・・極み(勝ち方実戦編LESSON22「極み」LESSON29「極み~裏~」

・・・値動きのルール(+通常の持ち合いラインブレイク)

 

実は今回は、この様な教材の手法をご紹介しました。

ご参考にして下さい。

 

また、様々な手法をスリースタータードットジェーピーでは4年間で教えてきましたが、

勝ち方実戦編フリーパスプランという講座であれば、これら全てが出てきます。

 

オススメ!

■サイト「投資の基礎はタダで学べが好評です。月間3000人以上が利用中!

投資の基礎はタダで学べメール講座」も好評受付中です。
≪1か月間の基礎・応用・勝ち方講座無料≫

ライントレーダーズ通信」もご一緒にどうぞ。
«相場分析記事・コラム・マインドセット講座同時配信中»