アップトレンド

勢いだけで勝てるタイミングは終わった…

アップトレンド2020年のコロナショック以降、株価指数は下落しても上昇するだけ。

ドル円も暴落後に即上昇、6月雇用統計前に109.7まで上昇するなど

比較的簡単な、買っていれば良いだけの相場展開でした。

しかし、これからはそうは行きません。

日経平均は15000円台 → 一時は23000円台まで”既に”戻しており、

ドル円も109.7で売り戻されて107円台へ(6月12日時点)。

※ちなみに、この値段で売られる事は月初に予想済み!6月3日の配信記事へ

これからの時代、的確なテクニックが必要になる

もう安すぎるから買えば良い、という話ではないわけです。
値段が元に戻れば少なくとも、それ以上伸びるか戻るかの判断は必要。

1伸びて3戻り、3伸びて5戻るかも知れない。

中途半端な値位置で買うなら、それ相応の「理屈」が
ポジションを持つためにはどうしても必要になります。

今日買って、明日下落してもらっては困りますよね(笑)。

だから次の5つの事には注意して下さい。

  • 目標 どこまで行くか。どこまでは、行くか。
  • 理由 どうなれば(どんな理由で)上昇するか。
  • 管理 損失を受け入れるべきラインと、適切な枚数
  • 時間 いつ買うか。いつ利食いするか。
  • 戦略 バランスの取れた機能するルール

目標 どこまで行くか。どこまでは、行くか。

どこまで行くかという目標値。これはまず必要です。

目標値がなければどこで利食いしたら良いのかが分からないからです。

理由 どうなれば(どんな理由で)上昇するか。

買うための理屈を持たなければ、やみくもな売買をしているという事。

中途半端な値位置で買うには少々、「自分のポジションに自信が持てない」という意味においても
ツラいだけです。

管理 損失を受け入れるべきラインと、適切な枚数

支えになるラインを知らなければ、どこを割れたら損切りにすべきかも分かりません。

損切りをしなければ、下落した時に当然損失になります。

しかも枚数制限を守れないのなら、その損失は多大なものとなるでしょう。

時間 いつ買うか。いつ利食いするか。

タイミングを見計らって買う。何時に買う。どのイベントへ向けて買う。

保有期間、そして、エントリーエグジットのタイミングです。

素早く利食いすべきポジションなのか、長期保有のポジションなのか。

戦略 バランスの取れた機能するルール

それら全てを1つの戦略として構築出来なければ、
やはり、やみくもな売買となり、いずれそのトレードは破綻するでしょう。

自分のルールにしておくのです。

バランス

戦略の例。戦略17と戦略18

例えば、この記事のためにトレードしてみましたので
次の動画をご覧下さい。

  1. どうしてそのタイミングで、買うのをやめて売りに回ったのか?
  2. なぜ、戻し(損切りをカットするための値動き)が設定した損切りには達しないのか?

短い動画ですが、この2点をチェックして頂ければ
なぜ戦略が必要なのかが分かります。

 

  1. 保有すべき期間を過ぎたので、全て利食いした。そして、次の期間がまた始まり
    別の理由で売ったのです。
  2. その値位置を越えたら上昇するという理屈があります。
    よって、下落するつもりなら、その値段には達しません。

これらがその理由です。

ロスト目標値(利食い設定)と損切りを設定し、期間内に達しなければ利食いするという戦略だからその通りに行動しただけです。

既定の位置に損切りを置き、既定の値位置で毎回利食いするから
特に悩む必要もありません。

これは楽、ですよね。

自分が楽をするために、勝率を上げるため・利幅を確保するためにも
自分がしたいトレードに相応しい戦略(つまりトレードルール)を構築しておく必要があるのです。

戦略17と18について

今回ご紹介した戦略17・戦略18というものは

現在執筆中の本、『極意書第二巻 STRATEGIES 20の戦略』第9章に書いています。

なお、戦略17と18の解説動画も作成してお届けする予定があります。

予約販売でご購入頂いている方には大変申し訳ございませんが
今しばらくお待ちくださいませ。

実は、昨年末から配信を開始した戦略13までの内容は前提知識に過ぎず

最終的な落としどころ(笑)は戦略14~20なのです。

しかしながら、1つ1つの使い方を覚えていなければ、決して使いこなせないのが14~20です。

そのためにも月に1つずつ、解説動画から先にお届けして来ました。

 

本と、残りの特典動画をお楽しみにしていて下さい。

「第一巻と第二巻の違い」について

最近ご質問が多い内容です。

この極意書第二巻を新規でご希望される方は是非、
第一巻もご検討頂ければと思います。

これらはフィボナッチを使ったトレード手法ですが、そもそもフィボナッチの使い方が分からない場合、

トレードルール(戦略)を覚えたところで、ラインを正しく引けないからです。

第一巻で引き方・使い方を網羅してあります。

7年間以上教えて来たトレード手法を一冊にまとめたものが極意書第一巻

第二巻は、それらを踏まえて

お勧めのトレードルール20個に落とし込んだものです。

 

「極意書の販売ページ

極意書 フィボナッチトレーディングの進化論⋰+動画5

極意書 フィボナッチトレーディングの進化論⋰ プレミアム版

極意書STRATEGIES~ライントレード20の戦略~

「極意書」の関連記事

7周年記念特別動画 トレードの思考と脳の構造

極意書は「壮大な売買マニュアル」だ

新動画「ライントレードの極意」登場!

その他関連記事

トレードルールの作り方

検証は楽しい!ートレードルールの作り方2ー

本屋では売ってないトレードの話(裏話)

オススメ!

■サイト「投資の基礎はタダで学べが好評です。月間3000人以上が利用中!

投資の基礎はタダで学べメール講座」も好評受付中です。
≪1か月間の基礎・応用・勝ち方講座無料≫

ライントレーダーズ通信」もご一緒にどうぞ。
«相場分析記事・コラム・マインドセット講座同時配信中»

現在のキャンペーン

「新値動きのルール」が発売開始されました!デビューキャンペーン価格は10月26日22時まで
☆入会ポイント+ご購入金額の5%ポイント進呈中☆
→お勧め商品(キャンペーンページ)はこちら
※DL-MARKETでの販売は終了しました。トレード教材は当ホームページをご利用下さい。