デイトレーダーの一日を見てみよう!

デイトレーダーとは、5分足~1時間足程度の時間軸で

一日数回~数十回の売買を繰り返すトレーダーの事です。

丁度私がそうなので、ある一日を見てみましょう。

 

一体、どんな生活を送っているのでしょうか?

 

デイトレーダーの一日

こんにちは。スリースタータードットジェーピーの大野です。

これはある一日(昨日)の相場を通して、どんなトレードをし、

生活を送っているのかを見てみようという企画です。

 

トレードの仕方は色々あると思いますが、私の場合

ライントレードをしています。

ライントレードにも色々あり、支持線やトレンドラインなどを使うものもありますが

私は加えてフィボナッチやギャンを使います。

フィボナッチはかなり有効な水平線(フィボナッチリトレースメントの場合)で、

ギャンは本当のトレンドラインとも呼ばれる?(笑)斜めの線(ギャンファンの場合)です。

 

今日は、その中で一番特殊な方法でのトレードをご紹介します。

ドル円5分足~デイトレーダーの一日~

ドル円5分足~デイトレーダーの一日~

写真はドル円の5分足です。

 

朝のエントリー

まず朝は相場が気になって起きます(笑)。

どうなってるのかな~、と思って起きたら

この日は売り場でした。

早速売って、利食いは目標値へ到達した夕方。

ただ、その前にリスクヘッジのために買いを入れたりもしています。

 

夕方のエントリー

利食いをした後は、友達とコーヒーを飲みに行って

帰ってきたら再エントリー。

指標発表がアメリカであったので、その時まで売り。

ここで、重要なポイントに気が付きます。

買いに変わったな、と。

 

理由は、終値にあります。

8時の一時間足の終値、9時半の30分足の終値がご丁寧にも(笑)

上にありましたので、間違いなく買いに切り替わると分かります。

ドル円30分足~デイトレーダーの一日~

ドル円30分足~デイトレーダーの一日~

夜のエントリー

そのようなわけで、9時半の指標発表では売りなのですが

そこで買いに切り替わりますから、全ての売りポジションを解除して

慎重に買います。

 

この時、ドル円を売りの間

日経平均を同時に売り、金を買い、ユーロドルを買っています。

この瞬間に全てのポジションが利食いとなりました。9時半です。

 

という具合なのです。

実はこれは昨日の相場で、上げ相場でも一日が下げの時もある。

こんな時、何をするのかというと

日中の値動きが売りであれば、売って利益を上げます。

我々日本人がトレードしやすい時間帯ですから。

 

この間は買っていると損をします。

売ってしっかりと利益を上げて、買いに切り替わるタイミングで買えばよいのです。

毎日がそうです。

 

そんなわけで、このデイトレード手法

内容は少々違いますが、テキストになって販売してあります。

150個完売したのですが、会員様からのリクエストが多すぎて(ありがたい事に)

先月からもう3回も特別に再販しております。

まだ今後もリクエストを頂きそうですので、

10個程度まとめて再販しておきます。

デイトレード手法をマスターしたい!という方は

手にしておかれる事をオススメします。

 

それではまた。

 

P.S.デイトレード手法1は買いと売りを分ける重要な観点に加えて、

時間の戦略が入っています。

デイトレード手法2はどこで利食いすれば良いのか?その極意と

他市場の動きを活かす売買についても書いてあります。

 

オススメ!

■サイト「投資の基礎はタダで学べが好評です。月間3000人以上が利用中!

投資の基礎はタダで学べメール講座」も好評受付中です。
≪1か月間の基礎・応用・勝ち方講座無料≫

ライントレーダーズ通信」もご一緒にどうぞ。
«相場分析記事・コラム・マインドセット講座同時配信中»