ダウ

FOMCの動き

株価指数から

こういう事があるから嫌になるのですが、

ナスダック100種平均が3422まで下落して、

5分足らずで3475まで跳ね上がったわけです。(30分後は3485)

で、当然そうなることが分かっていたので、3422に指値を入れていたのです。

ばかじゃないの・・・スプレッドがここは広い証券会社でした(笑)。

なんだよ。

掛かってない・・。

FOMC取り損ねました笑。

※証券会社を変えた時は注意しましょう。スプレッドが広がらないのも良し悪しです。

ドル円

ドル円も思った通りの動きをしています。

ナスダックはキャプチャ出来ないチャートですので、ドル円を載せておきます。

最初の動きはビンゴなので、後の動きももし正解ならこのように動くでしょう。

ドル円

ドル円

FOMCの5・6時間前にまあ、こうなるよね。と思って引いておいた未来予想図?(笑)です。

103.5まで行って一時下落。

その後、時間差で104.1-104.9へ。

時間差に関しては、ドルインデックスの上昇タイミングに合わせます。

ドルインデックスの値位置構成からするとこうなる可能性が高いと思うのですが、違ったらごめんなさい。

 追記;4時半に103円辺りまで下落後上昇が正解でした。104円台突入!

ダウ

それはいいけれど、ナスダック悔しいなあ・・。

完璧すぎる読みは危なくて、少し余裕を持たせないと獲り逃すという良い例になりました。

少し違いますが、似ているダウを載せておきます。

この丸のところのタイミング。

ダウ

ダウ

ちなみに実際にこの値動きになったという事は、「期間投資家もプロのディーラーの多くもここで買っている」

ということですからね。

つまり、この値位置まで下落して跳ねることが分かっているか、それとも知らないのか。

それがまず、この戦いに参入する大前提という事です。

知っていても詰めが甘いとこうやって外すことがありますが、知らなければ話にならないわけです。

知っていて初めて戦えます。

 

オススメ!

■サイト「投資の基礎はタダで学べが好評です。月間3000人以上が利用中!

投資の基礎はタダで学べメール講座」も好評受付中です。
≪1か月間の基礎・応用・勝ち方講座無料≫

ライントレーダーズ通信」もご一緒にどうぞ。
«相場分析記事・コラム・マインドセット講座同時配信中»

現在のキャンペーン

☆入会ポイント+ご購入金額の5%ポイント進呈キャンペーン実施中☆
→お勧め商品(キャンペーンページ)はこちら

※DL-MARKETでの販売は終了しました。トレード教材は当ホームページをご利用下さい。